Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

沖磯で海のルビー「アカハタ」を狙う

time 2022/08/09

こんにちは、静岡の渡邉です。

静岡は横に長く西で釣れる魚と東で釣れる魚が違うのが面白い場所でもあります。ハタを狙うなら中央から東側に向かってオオモンハタ・アオハタ・マハタ・キジハタ。アカハタを狙うなら東の伊豆方面になってきます。

ということで今回は西伊豆の沖磯へアカハタを狙いに行ってきました。

アカハタを狙いに東へ…

今回持っていったロッドは「BC4 8.0MH」。

少し先に小磯があってそこでサラシも出ていたので、朝まずめのヒラスズキ狙いでミノーを流すとヒットしたのはイサキ。群れで入っていたのでその後もイサキラッシュ。

BC4 8.0MHだと楽に寄せられますが、ティップが入るので十分楽しめました。

その後はアカハタに狙いを変えます。直リグを使って底を丹念に探っていくとグンッと潜る強い引き!

この感じは間違いなくハタだ!潜られないように一気に底から剥がす!30センチぐらいのサイズならBC4 8.0MHなら余裕で剥がすことができます。

水面まで上げてくると美しい赤い魚体。まだ入ってきたばかりの真っ赤なアカハタでした。

この日は当たり日だったのか、立て続けに釣れて食べる分だけキープし小さいものなどは全てリリース。

また、中層をジグヘッドでスイミングさせればオオモンハタも釣れて楽しい釣行でした。

沖磯といえば、場所によってはロングロッドだと仲間との距離や障害物があったりでバックスイングがしづらい場所も。8フィートのレングスはちょうどいい感じでしたね。

それにこの長さが磯を歩いて移動するときも邪魔にならない。しっかり遠投もできるし、ルアーコントロールもしやすい。それに一日中振っても疲れない。

後日サーフに持っていっても、しゃくりやすくて十分活躍してくれました。持ち運びもラクなので、20g〜60gぐらいを使う釣りであればいつでもどこでもBC4 8.0MH一本で釣りが楽しめますよ。

【タックルデータ】
ロッド:BC4 8.0MH(Fishman)
リール:カルカッタコンクエスト201HG(SHIMANO)
ライン:HARDCORE X4 PRO 2号(DUEL)
リーダー:HARDCORE POWERLEADER CN 5号(DUEL)
ルアー:スパイニークロー(PRO’S ONE)
フィールド:静岡県
魚種:アカハタ
アングラー:渡邉智浩

【着用アイテム】
ベスト:ゲームベスト+ウエストサポーター+メジャーケース(Fishman)
https://www.fish-man.com/gamevest.html
ポーチ:アミュレットフィッシュカメラポーチ(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152489009
メジャー:Fishmanワイドメジャー(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152488968

BC4 8.0MH


BC4 8.0MH製品ページはこちら
BC4 8.0MH関連記事はこちら

 

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023

Facebook