Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

【西表遠征Last Day】ブチ曲がるロッドに大興奮~真のKing of Rock fish~

time 2022/08/10

さぁ、2泊3日の一人旅もついに最終日。

昼過ぎのフェリーで帰るので午前中の短時間ですが、愛棒の「BC4 5.10MXH」を手に、ボートでライトキャスティングへ。

まずは表層をチェックするも…

最初はインリーフからチェックしますが、表層系ルアーの反応は初日同様渋々。困った時に頼っている蛙スプーンを沈め、ボトム付近を探ると…希少なコクハンアラの幼魚をキャッチ♪

その後、沈める釣りでもポツポツと小型のハタ類しか釣れなかったので、ラスト1時間弱はアウトリーフのジグキャスティングへ。

水深は20m前後。ちょうど満潮から下げ始め1時間で良いタイミングです。

初日は荒い地形で強えぇ根魚達をノーブレイクノーロストでキャッチできていましたが、この日はタイミングが良かったのか、活性が高かったのか、初日同様60gのジグをキャストしてから誘い上げで食わせて荒い根を切ってから掛ける作戦も、ファーストフォールで魚がついて上げのアクション始めのボトムでのヒットが続き…。

西表に来て数々の強えぇ魚達の中でも、一番の手応えの魚を初っ端から2ブレイク。。

キャストしてからのファーストフォールでは風での糸ふけ、水中の潮の流れでの糸ふけがあるので、最低でも最初の3〜5巻き分のジャークはラインにしっかりラインテンション掛かるまでのラグがあり、そこで魚が食い、荒い地形、強い魚にアドバンテージがある状態でのブレイクでした。

自分の不甲斐なさに反省と悔しい気持ちでいっぱいになりながらも、終わったことは次に活かせと言い聞かせ、最後の一時をやっと訪れることのできた憧れの海と向き合います。

そしてついにその時が…。

ボートの流れとラインの角度的にあと2回誘って落としたら回収のタイミングでほぼバーチカルに近い状態。

誘い上げで「ゴンッッ!!」

波風で揺れるボート、ブチ曲がるロッド!! バランスを維持するため、とっさに両膝を船べりに押し当て、これ以上ブレイクするものかと一気に引き上げにかかります。

掛けた一瞬をどう対処できるかが釣果を分ける1〜2秒の攻防、珊瑚帯、切り立った溶岩質の地形の沖縄の海。

そして上がってきたのは…真のKing of Rock fish、希少最強種クルバニーアカジン(コクハンアラ)!!

スジアラより大型化し、なおかつ荒く浅い水深を好むモンスターの降臨。

揺れる船上、激しい凸凹の地形、水深17mの攻防、推定50cm前半。正直このサイズだとタックルバランスと経験で取れるなと、余裕を持ってファイトはできましたが、クルバニーアカジンだと分かった瞬間、ガイドの海くんと思わずハイタッチからの握手!!

西表遠征で釣りたいリストに入っていたクルバニー!沖縄本島でもスジアラは良く釣れますが、このコクハンアラは10年ほど釣りをしていてキャッチしているのはわずか5本程度。マイレコードは水深10mで67cmのモンスターを運良くキャッチできたことはありますが、それが幼魚も含め数時間で2本も釣れるなんて。。

素晴らしいこの海の豊かさに感謝。

その後は50upのスジアラやバラハタなどを追加し、夢釣行も終了。

改めて思い返すと、西表に行くまで3度予定を組むも、ことごとく中止になったり前途多難はありましたが、先に西表に行った釣り仲間からは、絶対に行ったほうがいい!本島で釣りできなくなるぐらい楽しい!一回じゃ全然足りないから!と話を聞いていて、家族の理解もあり、初めての遠征を一人でも行く!と決断し憧れの西表島に訪れる事ができました。ホント家族や仲間達には感謝しかありません。

初日、最終日は行き帰りの移動もあり短時間釣行、丸一日釣りができたのは1日の2泊3日の日程で、最低でもあと1日欲しいと想ってしまうほど、沖縄本島ではこの短時間では体験できないぐらいたくさんの素晴らしい経験をさせて頂きました。 ガイドをしてくれた海くん、楽しい思い出と時間をありがとう!

初めての遠征はこれにて終了。次回訪れる時に釣り幅を広げるために必要なロッドやルアー、また余分に持ってきて削れる道具など体験しないと分からなかった事ばかりで良い勉強になりました。

そして…一度きりの人生、これからも家族(主に妻)に許される範囲で毎年どこかしら遠征に行こうと決意しました。笑

旅する釣り師の気持ちが分かり始めたマイレボリューション。そして釣り旅を快適にサポートするロッドを多くリリースしている我らがFishman。一歩踏み出すだけで世界観は変わる。とうとう僕もその一人に…。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回お世話になったガイドはこちら。

【B-tropical】
ホームページ:https://b-tropical.life/

【タックルデータ】
ロッド:BC4 5.10MXH(Fishman)
リール:OCEA CONQUEST LIMITED 301HG(SHIMANO)
ライン:XBRAID SUPER JIGMAN X8 2号(YGK)
リーダー:XBRAID FC ABSORBER Slim&Strong 37lb(YGK)
ルアー:スロースキップCX60g(DEEPLINER)/蛙スプーン14g(蛙スプーン)
魚種:コクハンアラ(クルバニーアカジン)/スジアラ(アカジン)
フィールド:沖縄・西表島
アングラー:照屋聖太

【Fishmanアパレル・その他】
帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=164592027
グローブ:5フィンガーレス夏用グローブ ブラック(Fishman)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152507087
アパレル:速乾迷彩Tシャツ(Fishman)

BC4 5.10LH/MXH/XH


BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら
BC4 5.10LH/MXH/XH関連記事はこちら

 

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023

Facebook