Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

未踏の岬を3つも越えてみたら奴が居た!

time 2022/08/12

夏至が過ぎた。

いやー夜明けが遅くなりました。お陰様で思い切り寝坊しました笑

そんな寝坊の朝でも、空はまだ薄暗かったので、そそくさとSUPの艤装を済ませて出航したのです。

狙うは今季まだ満足していない、超でかいキジハタ、いわゆるブタサイズ。

普段浮かんでいるのは、スタート地点から1つ目の岬の暗礁地帯。時間は夜明けはもう過ぎた、朝日が眩しいぜ!ってタイミング。

ボトムをクローワームで狙うも、スタートが遅かったせいか、浅めのここはあまり反応が良くなかった。中サイズのキジハタがポツポツと釣れたけど、ん~納得いかん…納得いかん…いかん…

そうだ(ピコーン!) どうせ浅場が駄目なら深場に行けばええんやで!と、SUPをひたすら漕ぎました笑

昔、マリーナからプレジャーボートで出航し、根魚を狙おうとして暗礁に座礁した場所。しかし喫水の浅いSUPなら、頭を出した岩に気を付ければ侵入可能な領域。

海流に後押しされながらポイントへ航行する最中、水中に見えたのは沢山のマイワシ。

あー夏のオオバイワシだなー。て事は、でかいワームでスイムが良いかも。と、選んだシャッドはでかい奴。

暗礁に対して板の影を落とさぬよう、朝日に裏取りしつつ、水中テーブルの影を攻める。

もう随分明るいので、さすがに日陰に入っただろうな、と思いながらリグをスイムさせる。リーダーも根ズレを考慮してぶっとくした。

そして、大きくドンと喰った!

すかさずフッキングしてみたら、クローラ66L+のバットまで曲がる。

この重量感、これキジじゃねえ、真鯛や!と思ったけど、いや待てこのファイトは…キジハタだよなあ~、段引きがないもんなあ。だとしたら、でけえぞこれは!

と、ガリガリと根ズレしながらのファイト。

こんな事もあろうかと、リーダーは太くしてるのです。

ロッドをぶち曲げ、SUPを傾かせ、それでもドラグは出さねえ!出したら負ける!

そんな楽しいファイトの末、水面まで寄せたのは、今季イチバンのデブキジ!!

やべー歯がやべえ、これバス持ちしたら指切れる、と、最後までヒヤヒヤさせてくれました。

寝坊が引き金だった、陸アングラーでは不踏、ボートでは座礁の地への遠征。

実に楽しく御満悦な釣行でした!

(帰りが地獄だったのは言うまでもない)

【タックルデータ】
ロッド:Beams CRAWLA6.6L+(Fishman)
リール : クロナークCi4+ 151HG (シマノ)
ライン:オシアジガーMX4 PE 1.5号(シマノ)
リーダー:HDカーボン50lb(DUEL)
ルアー:デプス デスアダーシャッド
フィールド:新潟県
魚種:キジハタ
アングラー:西村均

【着用アイテム】
帽子:アミュレットフィッシュ メッシュサンバイザー (オフィシャル通販限定カラー ベージュ)
https://fishman.shop-pro.jp/?pid=152506843

 

イベント

2023.02.25~26 にいがたフィッシングショー2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023 2023.04.01~02 沖縄フィッシングコンテンツトレードショー2023

Facebook