Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

【秋です♪巻きましょう】渡辺明弘のバスフィッシングレポート

time 2022/10/28

こんにちは。京都の渡辺です。

皆様、いかがお過ごしでしょうかか? こちら関西も少しずつ秋めいてきて、いろんな釣りが楽しめる季節になってきました。

さて今回は「バスフィッシング」です。夏場の落ちてくるモノへの反応から、横への反応が良くなるのもこの季節ですね。

秋と言えば「ターンオーバー」。夏場高くなっていた水温、少しずつ冷え込む外気温表水温と下層の水が混ざる現象。馴染むまでの間は魚にとってもコンディション低下を引き起こし、また深場ほど混ざり合うまでの時間がかかる為、食わせというよりリアクションの釣りが効果を示します。ちなみに、浅場の水の方が早く混ざり合うため、比較的早く水質が改善されます。

この日の釣行は、水質が改善されているであろう、そんなシャロー狙い。チャターベイトを使用してバスを探していきます。

リトリーブスピードの緩急とロッドワークを活かした「千鳥」アクション、左右対称のアクションから不規則に飛ばすべく操る「リアクションリトリーブ」でマッディポンドに潜むバスへアプローチ!

使用するロッドは66L+。程よく飛距離もかせぎ、その操作性はまさに軽快の一言! ルアーウエイト的にはヘッドウエイト3/8ozクラスがど真ん中。使用者の狙いで誘発的に不規則アクション「千鳥」を発動することができます。

そんなアクションに、たまらず口を使うバス! …この仕掛けから獲るまでの過程がやっぱりバスはおもしろくて、今回も楽しませてくれました!

今回のルアーは「いきもの掛かり」のクロスカウンター!ひねりフック搭載の異端児ルアー(笑)

秋はチャターベイトも楽しい時期ですね。巻物の季節、チャター以外にも、クランクやバイブレーションブラグ、スピナーベイトなどもうしばらくは楽しませてくれそうです。

【タックルデータ】
ロッド:Beams CRAWLA6.6L+(Fishman)
リール:ジリオンSVTW(ダイワ)
ライン:GT−RHM14lb(サンヨーナイロン)
ルアー:クロスカウンター3/8oz(いきもの掛かり)
フィールド:滋賀県
魚種:ラージマウスバス
アングラー:渡辺明弘

Beams CRAWLA6.6L+


Beams CRAWLA6.6L+製品ページはこちら
Beams CRAWLA6.6L+記事一覧はこちら

 

カテゴリー「ブラックバス」の人気記事TOP5

まだデータがありません。

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023 2023.03.05 ほくりくフィッシングフェスタ2023 2023.03.11~12 THE KEEP CAST 2023.03.18  西日本釣り博2023

Facebook