Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

【ショアラバ】巻くか、流すか。BRIST VENDAVAL 10.1Mでショアから「タイラバ」でマダイを狙う!

time 2022/11/11

皆さんこんにちは!広島AUXの木村です!

前回はミドルームでのマダイをご紹介しました!しかし、マダイと言えばやはりタイラバは外せない釣り方になります!!

タイラバの釣り方としては底を取りただ巻くだけですが、ショアからだとそこにキャストが加わってきます。キャストだけならスピニングでもいいのですが、広島は潮が早い場所が多くスピニングだとライン放出時に円を描くようにスプールから出て行くため、どうしてもティップにブレが生じてしまいボトム着底が分かりにくくなってしまいます。

ベイトタックルならスプールが回転してくれるおかげで余計な振動も起こりにくく、テンションも掛けた状態でラインを出せるため着底がとても取りやすいという利点があります!着底が取りやすいということは、根掛かりのリスクが減るだけでなく、ボトムでタイラバが静止する時間も少なくなるためタイに見切られる可能性も少なくなります。

さらにダブルハンドと言うこともあり、リトリーブも安定させることがためタイラバをやる上で利点だらけなのです!

僕がショアラバで使用するロッドはBRIST VENDAVAL 10.1Mです。ボトム感度が良く、掛けてからはしっかりと曲がり込んでくれるためバラしも減らすことができる。かつ、バットパワーはしっかりとあるため不意の青物や良型の真鯛にも十分対応できます。

使うタイラバヘッドは40〜60gと言ったところで表記オーバーにはなりますが、Fishmanロッドなら問題なし!しっかりとキャストすることができます!

ショアラバの面白さは潮のタイミング次第では同じポイントでも当たったり当たらなかったりするため、どんどんランガンして自分の足で稼いで新規ポイントを見つけていく。そのポイントで当たった時の爽快感が…また病みつきになります!!

いつも使用するのはタイラバですが、特に飛距離が欲しい時はTGベイトなどメタルジグを使用して釣れるのもこの釣りの楽しさです!

是非みなさんもショアラバでのマダイを狙ってみてください!当たりはじめてから食い込むまでのバイトも面白いのでハマること間違いなしです!

【タックルデータ】
ロッド: BRIST VENDAVAL10.1M(Fishman)
リール: カルカッタコンクエスト300(shimano)
ライン:スーパージグマン X8 1.2号(YGK)
リーダー:シーガーエース4号(SEAGUAR)
ルアー:中井チューン(ダイワ)+スカイフィッシュ(shimano)
フィールド:広島
魚種:マダイ、ハマチ
アングラー: 木村匠

【着用アイテム】
帽子:帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)
→https://fishman.shop-pro.jp/?pid=164592027
アパレル:速乾迷彩Tシャツ(Fishman)
アパレル:ロングTシャツ ブラック/イエロー/ピンク(Fishman)
→https://fishman.shop-pro.jp/?pid=165021042

BRIST VENDAVAL10.1M


BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

 

イベント

2023.01.20~22 釣りフェスティバル2023 2023.02.04~05 フィッシングショー大阪2023

Facebook