12/1(金)am10:00予約開始 2018/4~5月デリバリー予定

Beams CRAWLA 6.6L+  Beams CRAWLA 8.3L+  Beams CRAWLA 9.2L+

BC4 6.10XH

83L+で最もやってみたかった釣りは河口域干潟でのマゴチ釣り。

現在わたしはイベントトレイル真っ只中!
毎週末九州中をあちこちしているわけですが、今日はのんびり地元でマゴチ釣りを楽しみました。
ロッドはBeams 83L+。
この83L+の特性は初回の使用でバッチリ掴んでおりましたが、最もやってみたかった釣りは河口域干潟での、このマゴチ釣り。
この時期は大型のマゴチが河川河口に接岸し、スポーニング前の荒食いに入り非常にイージーに魚の顔を見れます。
スピーディーにメタルバイブを巻く釣りでの反応も良く、テンポ良く攻める釣りで楽しんでみました。
もちろん、ワーム等でのスローなアプローチの方が極めは強い部分はありますが、飛距離に秀でたメタルバイブを沖にぶん投げる釣りの爽快さと言ったら…
それでしっかり魚も出てくれるので、最高に楽しいです。
昨年はリプラウトで楽しんだこのゲーム、今回の83L+ではどうだったかと言うと…
ウ~ン、楽しい!!
トレイシーの15gをフルキャストすると、テイクバックでバットまでグニャリと入り込み、最初は後方の水面をしたたか打ちましたが、フィニッシュでは非常にティップの収まりがいいため、下手に力まない限り、素晴らしい飛距離を得られます。
ただ、今日は魚が沖のブレイクに着いておらず、手前のシャローのハクに着いている様子。
トレイシー15gを水深1m程のシャローで竿の長さを生かしティップを高くホールドしてスローリトリーブしてやると、面白いようにデカマゴチが食ってきます。
流石にトレイシーばかりでは面白く無いので、より浅いレンジはナレージやハニートラップでサラリと流すとまたまたヒット。
ちゃんと魚が居て、ポイントやベイトを見極めた攻めで、しっかり魚が出るって、何て快感!!!
最近、居るか居ないかもわからない空想世界の魚?(笑)を追いかけていたわたしには大きな癒しになりました!
さて、次は磯で修行です!
頑張ります。

Kagoshima Japan
Flat head
Rod:Beams 83L+ proto
Angler:Noriyuki Kanmiya

Beams CRAWLA 8.3L+製品ページはこちら

New Products


Fishman TV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする