現在進行中の83L+のプロトを貸してもらい毎日の様に投げ込んでいます。

現在進行中の83L+のプロトを貸してもらい毎日の様に投げ込んでいます。
このロッドはFishmanでは初のファーストテーパーのロッド。アクション入力で入りすぎるブランクスでは小刻みで激しいアクションなど、ブランクスが吸収してしまいルアーへ動きが伝わりづらい。

83L+使用した感想はハリが強くルアー操作、ラインメンディングがしやすい!でもそこはFishman!ただハリが強いだけのロッドでは無いんです。

キャスト時はファーストテーパーなのを忘れる位綺麗なカーブを描き、力を入れずともしっかりルアーウェイトを乗せてやれば座りながらの身体全体を使わないキャストでも写真の様に曲げる事が出来るのでルアーも気持ちよく放出されます!
気になるファイト時は?

83L+のパワーのイメージはリプラウトとローワーの中間機種。
先日写真の良型を何本か83L+で釣る事が出来ましたが、バットまで入るが、ヤバイ!っと感じる事も無く、ヒット後ゴリ巻きでキャッチ。フックもあれだけ強引に巻いたのに少し開いたか?位でキャッチする事が出来た。

今回はシーバスでの使用感を描きましたが、このロッド、大場所で流れの強い中をスプーン、ミノーを引いたりするトラウト釣りにもきっとマッチすると思います!

皆さん83L+イベント等で触れる機会がありましたら是非触ってください!曲げてください!!
僕はこのロッド、もう欲しくて欲しくてたまりません…

Ishikawa Japan
Seabass
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:Beams 83L+proto


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする