12/1(金)am10:00予約開始 2018/4~5月デリバリー予定

Beams CRAWLA 6.6L+  Beams CRAWLA 8.3L+  Beams CRAWLA 9.2L+

BC4 6.10XH

バチ抜けはトップでシーバスのバイトを見ることができるので昔から好きなパターン

大阪では今バチ抜け真っ只中でシーバスの釣果を日々いろいろな所から耳にします。僕自身もバチ抜けはトップでシーバスのバイトを見ることができるので昔から好きなパターンです。今回は大阪バチ抜けパターンをMarino8.0Mで攻略してきました。

他の地域ではわかりませんが大阪の僕の行っているポイントでは、シーズン始まりのバチ抜けはバチ自体も少なく比較的近距離でも出ますが、バチが大量に発生するハイシーズンになる頃には近くでは釣れなくなります。なので去年までは10.3ftのスピニングで誰も届かないところのシーバスを釣り、釣果をあげていました。
8.0ftのMarino8.0Mが10.3ftのスピニングのロッドの飛距離はさすがに出ません。でも「ベイトで獲りたい。」と思い考えた結果 ベイトロッドの利点を生かし日々入れ替わるストラクチャーへのピン打ちスタイル。という事を思いつき、この考えをもち今年は挑んでいます。ボートとボートの隙間や一等船の明暗、海に浮遊するゴミだまりの周辺、漁港の出入り口などオープンエリアではなく、どちらかというとゴチャゴチャしたエリアであまりほかの人がこの時期打たないエリアを打っていき、ベイトだから獲れた一匹という魚を獲りたく日々ランガンしています。

今回写真に載せたシーバスは岸と一等船の隙間にマニック115をキャストして釣れた一匹でした。船のロープや岸側には牡蠣殻やコンクリートの隙間がたくさんあるので相手に主導権を握らすと一発KOです。ベイトだからこそ手返し良くランガンでき、スピニングでは出せないパワーをだせます。 今回は、70㎝ほどだったのですが自分の思いどおりのシナリオで魚を獲ることが出来た一匹なので大満足の一匹です。

Japan Osaka
Sea Bass
Angler:Takumasa Matsubara
Rod:Marino8.0M

New Products


Fishman TV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする