Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams CRAWLA 9.2L+におすすめのリール、ライン、ルアー

time 2018/02/08

茨城の鈴木です。

今期のFishmanの目玉である、
Beams CRAWLAシリーズ。
デリバリーまで、まだちょっと期間がありますね。
そこで今回は、Beams CRAWLA 9.2L+についてお話したいと思います。

まず、合わせるリールですが、
私のオススメはDAIWAのZILLION TWです。

このリールはブレーキにピーキーさがなく、とにかくバックラッシュが少ないです。また、TWSの恩恵もありスムーズにラインが放出され、ビックリするほど良く飛びます。私が9.2L+を使う上で使用するラインはPE2.0号が基本になります。

ZILLION TWのスプールはPE2.0号を150m巻くのに適したラインキャパシティですので、そこも気に入っている点ですね。

VENDAVAL8.9MやRIPLOUT7.8MLとも相性抜群なので1台で色々な用途に使える優秀なリールです☆

PEラインは山豊テグスのFAMELL レジンシェラーのようなハリの強いコーティングPEがオススメです。

次にルアーですが、
シーバスフィッシングで使うルアーはほとんど使用出来ます。
(参考までに快適に使えるルアーの一部を掲載致します)

一般的に良く使用される9cm〜14cmクラスのミノーや8cmクラスのシンキングペンシル、10g〜28gのバイブレーション等はもちろん、バチパターンの際に使う細身で軽量なシンキングペンシルから、デカボラパターンやコノシロパターン、落鮎パターンなどで使うビッグプラグまで気持ち良く快適に使えてしまうVENDAVAL譲りの異常なまでのバーサタイル性。

Beams CRAWLA 9.2L+はVENDAVAL8.9Mのライト版とでも言うべきロッド。
ライトと言っても、ランカークラスに全く主導権を渡さぬ強さも持ち合わせた不思議なロッドです。そのバーサタイル性と秘めたパワー、そしてキャストフィールの気持ち良さはまさに快感です。

ライトプラグでVENDAVALの気持ち良さ、味わってみたくないですか?

デリバリーまでもうしばらく、楽しみに待っていてください☆

Ibaraki Japan
Sea bass
Angler : Takafumi Suzuki
Rod : Beams CRAWLA 9.2L+

Beams CRAWLA 9.2L+製品ページはこちら

Facebook