Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

来春デリバリー予定のBeams CRAWLA

time 2017/11/28

こんにちは!石川の小嶋です。
L+シリーズついにサブネーム発表されましたね!!来春デリバリー予定のBeams CRAWLA。

各ロッドのコンセプトなどはこちらで。

最初に言っておきたいことなんですが、「なんでL+で三種も?」「レングス違いなだけ?」と思うかもしれませんが、各ロッド個性があり、全く別物と感じるロッドになってます。

Beams CRAWLA6.6L+
http://www.fish-man.com/BeamsCRAWLA66Lplus.html

Beams CRAWLA8.3L+
http://www.fish-man.com/BeamsCRAWLA83Lplus.html

Beams CRAWLA9.2L+
http://www.fish-man.com/BeamsCRAWLA92Lplus.html

Beamsシリーズに惚れてFishmanにハマった僕ですが、ついに来たか!
と思ったロッドなんです!

キャスト時の曲がりやファイト時のいなしはそのままに、強めのルアー操作を行えるハリを持たせてあるためアクションも入れやすいブランクスになってます。も決してただハリが強く硬いロッドではないんです。

例えば明暗での釣り。
最近15~28gのシンキングペンシルをよく使ってますが、水流を感じながらスローに巻く。この時点でティップは軽く入った状態。引き抵抗の弱いルアーでも流れを受けると多少は入る。

そこにバイトが出ると、ティップセクションの半分あたりまで入るイメージ。
サヨリパターンなどでも使って見ましたが、バイトの弾きにくさはBeamsの血統譲り。

キャスト時、ファイト時以外でもしなやかな一面を見せてくれるロッドなんですが、そこに強めのハリが+されているので曲がるのに感度もいいんです。

写真のシーバスは先日獲ったランカーシーバス。下げの激流になったタイミングで橋脚際に流し込んで出てくれたんですが、 不安無く際からひっぺがしキャッチ出来ました。

来春皆様にも「L+」を体感してほしいです(^^)

Ishikawa Japan
Seabass
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:Beams CRAWLA8.3L+

Fishman DVD

Facebook

イベント