Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

今回はBeams76LとRIPLOUT78MLを持って穏やかな海へ。

time 2016/12/23

こんにちは!石川の小嶋です。
今回はBeams76LとRIPLOUT78MLを持って穏やかな海へ。

76Lでチヌトップをしに行ったはずなんですが残念ながら悔しい結果に…(~_~;)しかしトップで水面爆発の楽しい釣りができました。バイトを弾きにくいしなやかな鞭の様なブランクスでファイトが超楽しいモデル。Lシリーズ現在レングス等再調整し73Lとして再販されますのでお楽しみに!

RIPLOUTではナイトゲームで杭などストラクチャーの多いフィールドへ。今まではこのフィールドLでやっていたのですが、杭やロープなどが多くどうしても止めたい時に止められず、巻かれてしまったりしていた。でもLシリーズの中距離のピン打ち性能は外せない…そこでRIPLOUTなんですよー(^-^)

少し飛び出た護岸際に流れが当たって出来るわずかなヨレにシンペンを流し込んでやるとドスンと!小さなヨレにもしっかり魚着いてました。

投げて気持ち良く、ファイト中はしっかり曲がるティップ~ベリー。走りを止めたい時にはがっちり止められる強靭なバット。

僕の一言で表すなら…『気持ちいいロッド』。ベイトシーバス始めるなら僕ならまず1本目に勧めたくなる1本です!

おまけ。Beamsボガいいでしょ?!笑

Ishikawa Japan
Seabass
Angler:Katsuyuki Kojima
Rod:Beams 76L & RIPLOUT 78ML

Facebook