Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ビッグベイトを流すのに選ぶロッドはコモドではなく、 リプラウトとマリノの二本。

time 2016/12/27

こんにちは、新潟の西村です。
秋がめっきり深まり、リバーシーバスも絶好…あれ、落ち鮎終わってしまいましたw
水温変動が上手くなく、地元の落ち鮎パターンは
今年は不発に終わりそうです。
なので、ここ暫くはフィールドを中流域に絞って、
ランカーを狙っております。
川幅がある程度広い場所なので、
ビッグベイトを流すのに選ぶロッドはコモドではなく、
リプラウトとマリノの二本。
コモドよりも長いお陰で、鮎の友釣りのように、
ロッド操作でピンにルアーを送り込む事が出来るのです。
ライトルアー用と思われがちなリプラウトでも、
2ozクラスまでは余裕で扱えます。
まだビッグベイトの釣りを経験した事がなく、
でもリプラウト、マリノをお持ちの方なら、
是非とも御試し下さい。
Fishmanロッドの懐の広さと、
刺激的な釣りを体験出来ること間違いなしです!

Niigata Japan
Seabass
Rod :Beams RIPLOUT7.8ML & BRIST MARINO 8M
Angler :Hitoshi Nishimura

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント