Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

今回は友人のボートでマゴチゲームを楽しんで参りました!

time 2018/05/18

こんにちは、宮城の目黒です。

今年もいよいよ宮城はフラットフィッシュシーズンの開幕の兆しが見えて参りました!しかし今年は雪が多かった影響か、まだサーフでの釣果には日ムラが…そんなタイミングで今回は友人のボートでマゴチゲームを楽しんで参りました!

私自身、サーフからのフラットフィッシュゲームは最も得意な釣りの一つなのですが実はボートフラットは今回で2度目。

2日ほどやって来ましたが初日は好調、翌日は不調とボートゲームでさえまだ安定はしておりませんでした。

釣りも非常にセレクティブで中々思う様には行きませんでしたがもう一潮もすれば嫌でも釣れる様になると思います。
ボートゲームという事で今回は2タックル持ち込みました。

B.C.4 5.10MXHは自分的にFishmanロッドで1番好きで使っているロッドです。
時にシーバス、時にオフショアゲーム、時に雷魚と本当に何にでも使えるロッドで今回のボートゲームでもその取り回しの良さで大活躍!

ブランクは張りもパワーもあるのでマゴチの硬い口へのフッキングもしっかりと決まります。そして面白いのがマゴチ特有のヘッドシェイクを柔軟にいなす曲がりを見せる所。この一見、相反する様な要素を兼ね備えるのがFishmanロッドの面白い所です。

時合いではない時は83L+プロトでよりフィネスな釣りを。
繊細なティップで浅いバイトを絡め取れます。

が!…正直ボートはレングス的には6.6L+が良いかもですね(笑)
さて、これから夏に向けてショアから、ボートからと色々なシチュエーションで楽しめるマゴチゲーム。

皆さんも楽しんでみてはいかがでしょうか?

Miyagi Japan
Flat head
Angler : Takehisa Meguro
Rod : B.C.4 5.10MXH、Beams CRAWLA 8.3L+プロト

BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら

Fishman DVD

Facebook

イベント