Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

4ozのビックベイトをcomodoで楽々とキャスト

time 2016/12/30

こんにちは、広島の山﨑です。
遂に爆釣劇も終焉を迎えつつある広島
そこに追い討ちをかけるかのような大寒波…
この日は向かい風の突風に吹雪!
ポイントに着くともはや滝行…増水+マイナス29cmの大潮で爆流に南風の突風による波で
下に強力に流れる水と風で上に流れる波とで立つのが困難でビショビショに…
そこに吹雪で気化熱で感覚0の指
こんな時しんどいのは人間も魚も一緒、爆流の流心に立ち込みながらそこから流して行くコースを考える

真っ直ぐな流れと若干左へと逃げて行く流れ、そしてそこにあるヨレをベイトタックルのリトリーブで直に感じとる

流心から外れ左へと流されヨレへとたどり着かされたように演出させるとさっそく答えが、
70センチ台、今求めている魚はこれではない、という事で急いで移動
移動先した先はさらに爆流!ルアーをステイさせているだけで暴れて釣りにならないレベル!
潮止まりを迎えても止むことはなく絶え間無く流れ続ける

こういった水温が著しく下がり、更に強烈な流れで逃げ場もなくベイトが流されきる時は別の流れが入る瞬間が良い場合が多く、
それに賭けることにして、上げ潮による逆流を待つことに。
その瞬間のために結んだルアーはジョインテッドクローマグナム
4ozのビックベイトをcomodoで楽々とキャスト。まるでミノーの様にピンの場所へと打ち込んでゆっくりとアプローチ
答えはすぐに返ってきた。
が、ギリギリランカーに届かず。。。

ピンの付き場のためそこにはおそらく一本しかいない
そんな時に見落としがちなのが足元の敷石の際。
もちろん人との距離がかなり近いためスレるのも早い。
23cmのS字系の凄さはこんな時に生かされる。ゆっくりとそしてcomodoの操作しやすいショート丈を生かしたロッドワークでユラッユラと弱ったコノシロを演出、極めて自然な動きを見せつけスイッチの入ってない個体に無理やり口を使わせる
ギラッ!ゴン!

目の前で下から食いついてきたのはゴンブトのランカー!写真では伝えにくいがA4サイズくらいの太さのウェイトの乗ったいい魚
これだよこれ、俺が追い求めてたのは。
Tackle date
Reel CALCUTTA CONQUEST 201HG
Line SUNLINE SUPER BRAID 35lb
Lure GAN CRAFT JOINTED CLAW MAGNUM

Hiroshima Japan
Seabass
Rod :BRIST comodo6.10XH
Angler :Toshinori Yamasaki

Fishman DVD

Facebook

イベント