Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

sierra5.2ULでチニングをしてきました

time 2016/12/29

こんにちは。FishmanAUXの松原です。今回はsierra5.2ULでチニングをしてきました。チニングをベイトロッドでする事は今年から始めた釣り方でスピニングよりも効率良く一匹をとることが出来ると僕は思っています。

 長靴を履き河川の沿いにある杭の周りや排水口の周りをランガンしていきます。このポイントでは自分の後ろに高い防波堤があり、去年までのスピニングでの釣行ではキャストすることが困難だったのですが、sierra5.2ULではティップの力で楽にストラクチャーへのキャストが可能です。自分の思い通りの所にキャスト出来たら釣り人誰でも嬉しいですよね。

ペンシルやポッパー、3g~5gほどのラバージグでストラクチャーへのピン打ちを繰り返して行くのが僕の釣り方なのですが、ロッドの感度がいいのでラバージグでのボトムのズル引き感や小さなバイトもしっかりとることが出来ます。

杭が約20m先にあるポイントでsierra5.2ULでその杭めがけてピン打ち。5gのラバージグで中層からボトムをリフト&フォールで探りボトムステイしていると、超ショートバイトが一回、二回と。どのタイミングでアワせるかというのも楽しみのひとつで、自分の「ここや。」と思うタイミングで今回もアワせ、ヒット。重たい引きで走るのですが杭に巻かれないようにバットの力で引き剥がします。じわじわと無理せず手前まで寄せて無事ランディング完了。納得サイズの本命キビレ捕獲完了。

今回のキビレは口の皮一枚でギリギリでしたが、sierra5.2ULの追従性のおかげでとれた一本だと思っています。またキャストの精度、飛距離、感度どれをとっても申し分なくオープンエリアでするチニングとはまた別の楽しみ方をする事が出来ます。今年もあと一か月ですね。次回は今年の僕の思う一番の魚の記事を書きたいと思います。

Japan Osaka
yellowfin seabream
Angler:Takumasa Matsubara
Rod:Beams sierra5.2UL

Fishman DVD

Facebook

イベント