Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

セミルアーをメインにBeams LOWER 7.3Lで攻める

time 2017/06/22

なんだか今年は季節の進みが遅いようで、通いなれたフィールドの違和感が拭えないままの釣行続き…
自分の中のカレンダーを修正しながらロッドを振っています。

その修正が正しいかどうかを確かめるために、普段とは違うエリアへ入渓します。
いつもsierraを持ちこむあたりと比べて、川幅は倍以上。
深いところの水深も、これまた倍はある下流のエリア。
飛距離が欲しいのと、流れをかわすレングスが欲しい…
ということで必然的にLOWERをチョイスしました。

日差しが足りないのであまり期待はできないなぁ、と思いつつセミルアーをメインに攻めていきます。
5g程度で空気抵抗の大きなこの手のルアーも、スリークォーター気味のキャストで20m先のハング下へバンバン決まる!
LOWER楽しすぎるでしょう!
もちろん片手バックハンドの低弾道も極めてイージーです。

と、キャストしてるだけでも楽しいんですが、コンディション的にトップは厳しい様子。
やむなく7㎝のヘビーシンキングミノーにチェンジします。
signクリアオレンジを通して見える岩盤のスリットに狙いを定め、岸と並行を保つようラインメンディングをしつつドリフトします。
コツンと小さめのあたりにフッキングを入れると、予想外に重たい手応え!
やたらに太いのでかなり大きく見えたんですが、上がってきたのはジャスト50㎝のアメマスでした。

とにかくキャストが楽しいロッドですLOWER!
汎用性も高いので、いろいろな釣りに対応可能なところも憎い奴ですね~

Hokkaido Japan
White-Spotted Charr
Angler:Takuo Sato
Rod:Beams LOWER 7.3L

Fishman DVD

Facebook

イベント