高不可でもスムーズなドラグ放出を可能にするベイトリールのドラグワッシャー

こんにちは、最近事業立ち上げてなかなか魚釣りにも行けないFishmanテスターの上宮です(笑)
いや、本当はそこそこ行ってるんですが全く釣れないか、釣れてもデジカメ忘れて撮影出来ていないだけなんですが…
わたしの不調は置いといて、今回はリールのカスタムのお話し。
まぁ…大抵のベイトユーザーの方が、愛機のリールに何らかのカスタムを施しているのでは?
そう言うわたしは、かなりカスタムには無頓着でカラーアルマイト処理されたメカニカルブレーキキャップもゴツいハンドルも低抵抗のベアリングはおろか、シャロースプールにまで興味がありませんでした(笑)
理由はお金がないから。
純正の仕様で出来る限りの釣りをする、すなわち無暗と軽いルアーは使わない、あと一歩の遠投は求めない主義でした。
それらは、高望みはしなければ必要の無いもの。
つまり、それらを必要としない釣りを選択すればいいだけなんです。
ところが、魚釣りをしていると、絶対的に選択できない事があります。
その最たるものが魚のサイズです。
もちろん、大きな魚が居る場所や時期、食い付かせるメソッドやルアーの研究によってランカーを仕留める事も可能ではありますが、想定外なモンスターを幸運にもヒットさせたはいいが、力及ばず取り逃がした…なんて事は、皆さんも経験があるのでは?
そう言った場合に、わたしの場合で良くある例が、「止められなかった…」なんです。
モンスターが巣くう場所は、得てしてヘビーカバーやストラクチャーの中や際。
不意にルアーに食い付かれ、為す術無くドラグを引き出されて挙げ句にプッチン…
そうです、ベイトリールのドラグは耐力の無さとスムーズさに欠ける点が泣き所。
この点に関してはスピニングに絶対的に及びません。
試しに、お手持ちのベイトリールのドラグを閉めてラインを引き出して見て下さい。
ドラグを締めれば締める程、ラインの放出がぎこちなく引っ掛かりがちになるのではないでしょうか?
多くのベイトリールはカタログ上のドラグ耐力は5kgです。
シーバス相手ならば、5kgは決して不足を感じる数値ではありませんが、3.5kg以上の付加を掛けた時のドラグのスムーズさは…ガッカリするレベルではないでしょうか?
今回紹介するアイテムは、それを改善するためのものです。
メーカー名は『YTフュージョン』で、商品名は『ハイパーロックDワッシャー』です。
あるFishmanユーザーさんのご紹介で試してみたこのドラグワッシャー、純正のドラグワッシャーと交換するだけで、高不可でもスムーズなドラグ放出を可能にします。
組み込む際には、ワッシャー接触面を丁寧に脱脂して、ワッシャーにもグリス等着けずに、ドライ状態でインストールします。
ドラグ耐力は、純正の倍の10kgにまで向上!
まずもってシーバスやアカメでは不用な程のハイドラグが可能になります。
わたしがシーバスで使用する2~3.5kgでのスムーズさは純正とは全く別物!
シットリとスムーズに放出してくれ、少しドラグノブを回転させるだけでドラグフォースを大きく変化させる事が可能で、ファイト中の突然のリセッティングも容易になる優れものです!
太糸で強気なファイトをする場合で、想定外の突っ込みを食らった場合のラインブレイクやフックの伸びが激減しました。
ただ、いい事だけではなくデメリットも実はあります。
ハイパーロックDワッシャーは純正ワッシャーよりもライフが劣ります。
継続的に使用しているわたしの感覚では、週3回ぐらいの釣行頻度で、2ヶ月に一回程度のペースで交換の必要性を感じました。
交換するタイミングは、ドラグの固着が起こるようになったらそれがサインです。
それと、1kg未満のロードラグでは、不意にドラグフォースが抜ける場合があります。
細いラインで緩いドラグでファイトする釣りには向かないでしょう。
ただ、以上のデメリットもありながら、わたしの釣りには絶対的に欠かせないカスタムパーツです!
値段は画像のジリオン用だと1000円程。
お近くのショップではまだまだ見掛けないパーツだろうとは思いますが、通販での購入も可能なようなので、ピーン!と来た方は是非試してみられると面白いでしょう。

Kagoshima Japan
Talk about reel custom
Rod: All Fishman rod
Angler:Noriyuki Kanmiya


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする