Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

自分が初めてテストに携わったロッドでのファーストフィッシュ

time 2018/05/08

こんにちは、茨城の鈴木です!
ついにBeams CRAWLAシリーズが発売されましたね!

自分はG.Wは仕事で休みがないため、発売直後は毎日SNSやブログで全国の皆さんの釣果やCRAWLAについての嬉しいインプレ等を眺めてはニヤニヤしておりました。

そういった記事やブログを見かけるととても嬉しいのですが、実は皆さんの釣果で刺激を受け、CRAWLAで早く釣りたい!とウズウズしていました(笑)なのでG.Wの真っ最中、仕事後の深夜にハイプレッシャーな激戦区へ、短時間ながら挑んできました!

釣り場に到着すると、そこらじゅう足跡だらけ。

あらかた撃ち尽くされた後という感じでしたが、手元にはFishmanから支給されたばかりの新兵器・Beams CRAWLA 9.2L+の製品版があり、ハイプレッシャーだろうと何だろうと、その時は釣れる気しかしない精神状態でした(笑)

ここはG.W前にも入ったポイントなのですが、前日に激しい雨が降って流れが速くなっていたので、まずは地形が変わっていないかをシンキングペンシルでチェック。案の定、若干の変化が見られましたがさほど影響はないだろうと判断し、ルアーをフローティングのボラコノ80Fへチェンジ。

ブレイクの先までカッ飛ばし、流れに乗せながらゆっくりと引いてくる。
食うならここだ!という水深20cmほどのピンに差し掛かった瞬間に水面が爆発!!
その瞬間、一気にフッキングを叩き込む!

9.2L+が弧を描いたところでファイト開始!
激浅な場所で流れに乗って逃れようと身体を回転させるシーバス。
だが、追従性の高い9.2L+とRYOGA1016HのATDがしっかりといなし、難なくランディング成功。口元を見ると、しっかりとフッキングが決まっていました。

経験上、本来は今回のようなドシャローでの水面炸裂バイトはミスバイトや針がかりが浅い場合が多いのですが、CRAWLAはそういったバイトを絡め取る事が出来るティップを備えたロッドなので見事にガッチリとフッキングが決まっていました。
自分が初めてテストに携わったロッドでのファーストフィッシュ。
バイトに至るまでのプロセスも狙い通りで、水柱が立つ激しいバイト。
興奮しまくり、アドレナリン全開でした!

短時間釣行ながら、とても価値ある魚に出会うことができ、大満足の釣行となりました。これから地元エリアも本格的にシーズンを迎えますので、Beams CRAWLA 9.2L+を片手に価値ある魚を追い求めて行きたいと思います!!

【タックル】
ロッド:Fishman Beams CRAWLA 9.2L+
リール:DAIWA RYOGA1016H
PEライン:山豊テグス FAMELL レジンシェラー 2.0号
リーダー:山豊テグス 耐摩耗ショックリーダー
ルアー:SHIMANO ボラコノ80F
フック:fimoフック #4

Ibaraki Japan
Seabass
Angler:Takafumi Suzuki

Fishman DVD

Facebook

イベント