Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

新緑萌えるこの季節が、一年の中で一番好きです

time 2017/06/11

6月に入り、ここ北の大地も初夏の陽気に恵まれる日も増えてきました。
新緑萌えるこの季節が、一年の中で一番好きです。
北海道に住んでてよかった!

そんなわけで、いつも通り山奥に分け入ってまいりました。
天気も良く、虫の声も沢山聞こえます。
これは今年一発目のトップにドン!かなと思っていたんですが…
水量と水温の読みがいまいち当たらず、この時期にしては渋めの展開になりました。

なかなか反応が得られない中、オープンだが水深十分のプール。
ディープダイバー系のミノーをしっかり潜らせ、スイングしていたところヒット!
少しやせていますが、49㎝と悪くないサイズのニジマスがヒットしてくれました。

もう20年も通っているホームリバーですが、川の状態や魚の分布の読みを外したのは久しぶりです。
今までと違う何か…
一つだけ思い当たることがありました。
それを確かめるためにも、また足繁く通わなくてはならないようです。

色々な場所での釣りは、たくさんの経験や思い出をくれます。
ですが、一つの場所に長く通うことでしか得られないスキルもあります。
ホームで身に着けたものは、きっと他の場所でも魚を連れてきてくれるはずです。

Hokkaido Japan
RainbowTrout
Angler:Takuo Sato
Rod:Beams sierra 5.2UL

Fishman DVD

Facebook

イベント