Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams inte7.9ULのフロントグリップとガイド径の理由

time 2018/02/15

It’s icy cold fishing!
今年の北陸は豪雪過ぎです、西村です。
余りに雪が積もりすぎ、フィールドに車で出掛けるのも困難ですが、
波、風が落ち着けばスノーシュー履いてでも
釣りに行きたくなるのです。
で、やっと港に辿り着いた頃にはブリザード…w

そんな中でも、ビームスインテは割と釣りが快適です。
Fishmanロッドシリーズの中で唯一、
EVAの1ピースのフロントグリップを持つinte。
真冬の辛い時期、僅かでも掌が暖かくなるように
このデザインにしてあります。
そして別問題、ガイドの凍結ですが、
あまりマイクロなガイドを採用していない為、
氷が付着したらバットの辺りをパンパン!と叩けば
すぐに剥がれてしまいます。
過酷な真冬の新潟でテストしたビームスインテ。
極寒な環境への対応もばっちりなのでした。

しかしまあ、こんな状況では
周りにアングラーが全く居ないので、
それはもう釣れる訳です。
ですが良い子は真似しちゃ駄目駄目、
暖かい自宅でぬくぬくしてた方が良いかも?

Niigata Japan
Perch
Rod: Beams inte79UL
Angler: Hitoshi Nishimura

Beams inte 7.9UL製品ページはこちら

Fishman DVD

Facebook

イベント