Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

一度も釣果を聞いたことがない川で良いコンディションの雌の虹鱒!

time 2018/05/14

こんにちは、日本最北端スタッフ 五日市です。
さて、CRAWLAシリーズが沢山のアングラーさん達の手元に届き、SNS等でお見掛けするようになりました!

私の手元にとCRAWLA9.2L+が届き湖で使用しましたがとても気に入りました♪

そんなCRAWLA9.2L+が届く数日前・・・

雪代が大量に川に流れ出し、車で色んな川の橋を渡る度に、もうこんな時期か~と、思わせるほどの濁りと増水・・・

そんな中、一度もロッドを出したことない川を覗くと、釣りになるぐらい水質がクリア・・・

一度も釣果を聞いたことがない川でしたが、ブランシエラでのキャスト練習も兼ねて釣り上がることに

入川すると、やはり冷たい。
ウェーダー越しにわかるほど冷水・・・
水温は6℃

魚種にもよるが低活性は間違いない水温・・・

入渓した橋のすぐ上流が少し深いプールになっており、ここで反応が無ければ魚の生存すら無いかな?と思わせるポイント・・・

小さめのスミス Dコンタクトをキャストしてボトムを意識したアクションを加えてく・・・

何度かキャストし、丁寧に探るが反応無し・・・

釣果は、ほぼ諦めながらどんどん上流に上がっていく

しばらく上がっていくと、ボサが良い感じに被ってて雰囲気があるポイントへ・・・

一投目でボサ下にキャスト成功
ボトムまで落とし、ロッドティップでミノーを跳ね上げるよう煽る・・・

その瞬間、ガガンッ!!と、強烈なバイトが!

フッキングも決まりファイト開始!

川幅も3Mあるかどうかの小さい川だったので、ファイト開始直後にラインの先に掛かっている魚体が見えた

久しぶりに良いサイズ

慎重にやり取りしながらブランシエラのバッドで寄せる・・・
何度か障害物に走られたが無事にネットイン
60には届かなかったが良いコンディションの雌の虹鱒でした

何枚か写真を撮らせてもらい、すぐにリリース・・・
低水温での貴重な一匹だったので満足し納竿としました

ここ何日かでどの川も雪代のピークとなり、濁ってしまったので、また新規開拓のドライブをしようと企んでます(笑)

Hokkaido Japan
Rainbow Trout
Angler:Tsukasa Itsukaichi
Rod:Beams blancsierra5.2UL

Beams blancsierra5.2UL製品ページはこちら

Fishman DVD

Facebook

イベント