Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

只今、涸沼シーバスに大苦戦中です(汗)

time 2017/06/19

只今、涸沼シーバスに大苦戦中です(汗)
今年は雨が少なく、涸沼は大渇水。
場所によっては、今までウェーディングしていた場所が陸地になっていたりします(笑)
水の状態もすこぶる悪く、過去に経験がないほど激タフな状況・・・。
そんな中でも貴重な1本を求め、時間の許す限り通っています。

『日替わり涸沼』と呼ばれるほど、状況が変わりやすい涸沼。
例年よりも釣行回数と釣行時間が激減してる自分には、状況を掴むことすら難しいのが現状。
なら、自分の得意なポイントで、得意な釣りをすればいい!
朝マズメに照準を絞り、早朝にシーバスが回遊してくる場所で待ちの釣りに徹する。
するとやはり早朝の明るくなり始めたタイミングで岸際のアシ帯に潜むベイトが動き出し、それを狙うシーバスが回遊して来た。
そして、涸沼名物・釣れないボイル祭り開始!
至る所でボイルしますが、ただ闇雲にキャストしても釣れません。
狙って獲るためには、まず水面を逃げ惑うベイトの動きを良く観察すること。
そして、広大なオープンウォーターの中に存在する、シーバスがベイトを捕食しているであろう『見えないピン』を探して撃つ。
そうして水面を観察していると視界の端で怪しい動きをするベイトを捉えたので、すかさずエアオグル70SLMをキャスト。
すると、巻き始めてからすぐにバイト!!
さすが涸沼シーバス、ベイトをたらふく食っているためコンディションが良く、元気で引きが強い!
引き味を堪能したあとはRIPLOUTのパワーで一気に寄せてランディング。
狙って獲った1匹に歓喜。
久々の涸沼シーバスは、サイズ以上の嬉しさと興奮をもたらしてくれました!

ようやく梅雨入りした茨城。
涸沼もまとまった雨が降れば状況が好転すると思いますので、これから楽しくなりそうです!

Japan Ibaraki
Seabass
Rod・Beams RIPLOUT 7.8ML
Angler・Takafumi Suzuki

Fishman DVD

Facebook

イベント