Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

いよいよ涸沼のシーバスシーズンも終盤

time 2017/11/25

茨城の鈴木です。
いよいよ涸沼のシーバスシーズンも終盤。
前回のランカー捕獲から数日後、今シーズンを締めくくる、更にデカい魚を求めて行ってきました。
朝マズメのゴールデンタイムにボイル撃ちでランカーを狙うプラン。
・・・ところが、読みが外れてしまいボイルがほとんど起こらない。
だが、表層に大量のベイトが溜まっている。

並みのサイズのルアーではベイトにルアーの存在感がかき消されてしまう状況の中、アピール力の高いWAKEY BOOをキャスト。
CRAWLA 9.2L+の遠投性能と、ルアーの飛行姿勢の良さも相まって、ビックリするくらい遠くまで飛ぶ。
そして、ロッドを下げてスローリトリーブでしっかりとアピールさせる。

すると、
『ゴヴォッ!!』
という捕食音と共に、Beams CRAWLA 9.2L+がブチ曲がる!
『これは間違いなくデカい!!』
バラさないよう、慎重にファイトする。
さすが秋の涸沼ランカーシーバス、かなり引きが強い!
大迫力のエラ洗いを繰り返す!

だが、CRAWLAのティップが魚の引きに追従し、逃さない。
そして、CRAWLAは杭に向かって走るランカーシーバスを止めるパワーを備えているので、杭に走ろうとしても強引にこっちを向かせることができる。
フッキングもしっかりと決まっていたため、少し強引にランディングを決行する!
『よっしゃ、獲った!!』
迫力の魚体に手が震える。

涸沼で、テスト中のBeams CRAWLA 9.2L+で、デカいトップウォータールアーでランカーシーバスを捕獲。
自分の中でこれ以上嬉しいシチュエーションはない!!
最高の1匹に出会うことが出来て大満足でした!!

来季発売のBeams CRAWLA 9.2L+。
対応ルアー表記6g~40gという異常なまでに幅広い対応力を持つロッドながら、秋の涸沼ランカーにも負けないパワーを備えたロッド。
ティップがローワーに少し張りを持たせた感じで、全体的にはMクラスのパワーを持たせたロッド。
シーズン通して10g前後のプラグ~40g台のプラグまで幅広いルアーで遊べる涸沼ではとても重宝するロッドです!

シーバスアングラーにドストライクなバーサタイルロッドでありながら、赤塚マジックでしっかりとFishmanらしい

『曲がるが強い、不思議で楽しいロッド』
に仕上げられているのも嬉しいところ。
来シーズンは涸沼をはじめ、全国様々なフィールドでCRAWLAが大活躍してくれることでしょう!

Ibaraki Japan
Sea bass
Angler : Takafumi Suzuki
Rod : Beams CRAWLA 9.2L+(Proto)

Beams CRAWLA 9.2L+製品ページはこちら

Fishman DVD

Facebook

イベント