Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

プロトモデルのジョインテッドクロー128とcomodoでランカーシーバス

time 2017/11/11

この日は仕事の関係上夕方のみの釣行。
今時期の夕方はあまり潮が動かないのでどうかなと思いましたが…
行ってみると好調子♪

前回やってみた感じではまだベイトが小さく、15センチないくらいのベイトを捕食しているような気が、
そこで今回はプロトモデルのジョインテッドクロー128を選択
流れに乗せ流していき複雑な流れの間にあるヨレにステイ
手元に伝わるS字の感覚を留めながらルアーを見せつけてると連続HIT!

久しぶりのcomodoでの魚、ガツンとくる当たりを強靭ながらも弾かない程度のティップでキッチリ仕留め瞬殺でランディング
地合いのほんの数分で立て続けにワンキャストワンヒット、

これぞ広島の秋!!
広島の秋の風物詩、短時間でストリンガー一杯!
あっという間に仕留め、そしてあっという間に地合いが去る、
速やかに撮影をし全てリリース
これが広島の秋の河川での釣りです。

ランカー二本を含む計5本でこの日は終了しました。

Hiroshima Japan
Seabass
Rod :BRIST comodo6.10XH
Angler :Toshinori Yamasaki

BRIST comodo6.10XH製品ページはこちら

Facebook