Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ここでのヒメマスの狙い方はとても簡単です

time 2016/12/28

こんにちは、北海道の佐藤です。
もう少ししたら平地でも雪が積もる季節になってきました。
こちらでのトラウト狙いは通年楽しめますが、ハイシーズンはもう終わりに近づいてます。

さて今回は、普段とは違う魚を狙って、北海道の東部のとある湖へ行ってきました!
狙ってきたのはヒメマスです。
ベニザケの陸封型で、この時期シャローに集まる群れを狙っての釣りが定番になってます。
上に書いた魚種のkapacepというのは、アイヌ語です。
学名で言うとOncorhynchus nerkaだそうですが、まあどっちにしても馴染みのない名前ですねw

深夜に出発して高速道路を使って片道380㎞。
目的の湖に到着し、狙っていたポイントに行ってみると…
平日だというのに数台のアングラーの車が!
みんな好きですねぇ!

ここでのヒメマスの狙い方はとても簡単です。
軽く立ちこむと、自分よりも岸側含めて周りにはヒメマスがたくさん泳いでいます。
軽いスプーンを投げて、ゆっくり巻いていれば釣れてしまいます。

現行機種でマッチするのはsierra5.2ULになりますね。
飛距離やアキュラシーはそれほど求められませんが、軽量ルアーのキャスティングが可能です。

今回は来季発売予定のBeams7.3Lのプロトを持ち込んでみました。
こちらも軽量なルアーの扱いにたけている上、飛距離はsierraよりも期待できます。
※製品版のコスメしていないプロトなので、写真のブランクは未塗装のものになります

3gのスプーンをキャストし、二秒でハンドル一回転ほどのリトリーブスピードで巻いてくると、飽きない程度にヒットします。
オスは真っ赤に色づいて、大きく張り出した背中(セッパリ)をしていてとてもかっこいい魚です。
この見た目で、大きさは30㎝前後というギャップも何とも言えずw

Beams7.3Lは幅広く色々な釣りに対応できる一本に仕上がっています!

Hokkaido Japan
kapacep
Angler:Takuo Sato
Rod:Beams 7.3L Proto

Fishman DVD

Facebook

イベント