Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

ボチボチ好調をキープしている肝属川河口

time 2016/12/29

水温が下降し始めてからと言うもの、ボチボチ好調をキープしている肝属川河口ですが、爆釣には程遠く、一晩に3本もヒットすればわたし的には万々歳な感じです。
そんな折、ちょっと今夜は期待できそうだよねと、同行者に告げながら、ちょっとだけポイントを変えてみました。

理由は、海からのウネリです。

こんな向きからのウネリのきつい夜には磯場からイワシとサヨリが河口に寄る事が多いから、それにくっついて入る平鱸が狙えるんだよね!などと本当か嘘か(笑)レクチャーしながら、そのウネリの影響をそこそこ受ける、とあるエリアに到着。
平鱸が狙える云々は経験に裏打ちされた本当の話。

ただここ最近、その確率がちょっと低くなってしまってなくもない。
つまり、以前は確率高かったが、現在はあまり自信が無いと言うのが正直なところ。
でも…居ましたねぇ~!

この夜に使用したのはVENDAVAL。
風が少々吹こうとも圧倒的なディスタンスを誇るこの竿をチョイスしたのはなにも飛距離のためだけではなく、その卓越したファイト性能のため。
激しいエラ洗いと、強烈な底走りにも慌てる必要など一切なく、ロッドを低く構えてVENDAVALをしっかり曲げてやるだけ。

ウネリのため、手前のブレイで発生する強烈な引き波も余裕で耐えて、あがってきたのは8kg超え90アップのモンスター平鱸でした!
銀鱗で体高ある平鱸は写真栄えしますね(笑)
狙い通りの一発に大満足でした!

さぁてと、本格的モンスターシーズンに漸く突入しました!
本業も繁忙期で忘年会の予定も多数…釣行回数の維持は難しくなりますが、今年も冬の夢を追い掛けます!

Kagoshima Japan
Blackfin seabass
Rod :BRIST VENDAVAL 89M
Angler :Noriyuki kanmiya

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント