Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

急流としてまた大型シーバスが狙えるフィールドとして知られる球磨川

time 2018/07/11

球磨川のシーバス

こんにちは、Fishmanテスターの上宮です。
つい先日西日本の広い範囲で記録的な大雨が降り、各地で未曾有の大災害が起きました。
そして多くの尊い生命が失われてしまいました。
亡くなられた方々のご冥福を御祈りするとともに、今なお苦しんでおられる方々が一日でも早く平穏な日常を回復される事を願っております。

わたしが住む地域では幸い大きな災害は発生しませんでしたが、昨年はわたしのホームリバーである肝属川流域でも、台風に伴う豪雨で洪水が起き死亡災害が発生しました。
そんな事もあり今年の梅雨は河川が増水している場合には絶対に魚釣りには行かないように心掛けていました。
そして肝属川は増水が絡むと不釣な川。
また、増水が落ち着くタイミングに再び大雨…なんて事もあり、ここ最近のホームリバーではまともな釣りが全く出来ていません。
仕方が無いので状況のいい場所に遠征です(笑)

訪れたのは熊本県八代市の球磨川。
事前に現地の友人にダムや堰の放水情報と、地形の変化をしっかり確認。
数回訪れた事があるとは言え不馴れな場所には違い無く、ましてやこの時期なので現地に詳しい友人に案内をお願いしました。

全国のシーバスアングラーに、急流としてまた大型シーバスが狙えるフィールドとして知られる球磨川、友人が言う通り今回は流れは重く早いものの水位は平水に近い状態。
ただし、ベイトが薄くこの広い川でシーバスを探すのに一苦労。
しかし、やっぱり地元の通い込んでいる猛者達は流石です。
この川のゴールデンベイトであるコノシロが溜まっているポイントをなんとか見付け出し、わたしもなんとか80cmクラスのシーバスを釣らせてもらいました。

ヒットルアーはシュナイダー28g。
不馴れな場所でも、水深がある場合にポイントを広く早く探るには、やはりメタルバイブが有効です。
広く探ると言えば、やっぱりロッドは長距離砲BRIST VENDAVAL 89Mでしょう!
このクラスのルアーであれば楽々100mのリーチで探れるのはもちろん、必要とあれば8g程度のミノーも快適にキャストが可能。
早巻きにジャレ着くセイゴのバイトも絡め取るしなやかなティップでありながら、急流で掛けたランカーも余裕で引き剥がせるバットパワーを備えていますので、不測の大物がヒットしても安心感を持ってやり取りできます。
急流とランカーシーバスで名を馳せる球磨川のデイゲームにもVENDAVALはバッチリ対応してくれました!

さて、ボチボチ我がホームリバー肝属も今夜あたりから水も落ち着いてくるはず。
夏の肝属と言えば、メーター超えモンスターシーバス!
この数年キャッチする100cmチョイではなく、今年こそ我が憧れの『きもちゃん』120cmアップの大鱸に逢えたらなぁ~…

これからの時期ありがちなゲリラ豪雨等による突然の増水には細心の注意をはらっていきたいと思います。
「不安なら上がれ!」ですね。

球磨川のシーバス2

球磨川でキャスト

Kumamoto Japan
Seabass
Rod:BRIST VENDAVAL 89M
Angler:Noriyuki Kanmiya

BRIST vendaval 8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval 8.9M関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

Facebook

イベント