相変わらずのカワヌベ(アカメ)狙いの釣行が続いておりますが

こんにちは、Fishmanテスターの上宮です!
ここ最近もわたしは相変わらずのカワヌベ(アカメ)狙いの釣行が続いておりますが…
時々マグレでヒットしてくれるお魚はやはりシーバス、ただしセイゴやフッコサイズのみ。
おまけに期待していた潮の夜には雨が降り増水したり、妻の仕事が遅くなり子供と留守番を余儀なくなれたりと、踏んだり蹴ったり(笑)

現在、10釣行連続で本命からのバイトはなし。
しかも、通い始めた当初よりも、ボラもカニ等の期待のベイトが薄くなっていると言う謎の現象が(笑)

日増しに状況が改善して、7日目の釣行で本命を仕留めた昨年とは違い、徐々に混迷を増していると言う今年、全くどうしたもんか…
いやいや、それでも絶対めげませんよー!!!
たまたま上手くいった昨年などは希なこと。
一昨年などは42連敗!(笑)

わたしの地元ではカワヌベは個体数がかなり少なく、非常に難易度の高いターゲット。
それを易々と仕留められるとはもちろん思ってはいません!
…い、いや、これと同じ内容をどこか別なところにも書いたような…(笑)
まぁその位、春は頭の中がカワヌベのことでいっぱいです。

本当はそのエネルギーの2割でも最近開幕した磯平鱸に注入すればいいのですが、春はとにもかくにもカワヌベを仕留めなければ気分がおさまりません!
ただ、磯ベイトの開発もあるし…

狂乱の春カワヌベ狙いは、なんとか4月中に決着を着けて、気分良く磯に繰り出したいものです。
今月のわたしの釣果報告はこれが最後、次回はもう5月になります。
さぁ、次回わたしの記事では鹿児島のカワヌベが踊るのか?はたまた仕留められずに敗北宣言に終わるのか?

添付した画像は、マグレで釣れた鱸です。
むっつりしてますが、内心めっちゃ嬉がってます。
次回は最高の笑顔の画像を!
ご期待下さい(笑)

Kagoshima Japan
Seabass
Rod:Beams 7.10MH
Angler:Noriyuki Kanmiya


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする