Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

Beams blancsierra5.2ULの低弾道キャスト

time 2018/04/17

あの倒木や枝を潜り抜けて更にその先へルアーを入れたい。
そんなシチュエーションは渓流をやっていれば誰もが経験すると思います。

そして、誰もが容易にはキャストできない、そんなポイントへ一発でルアーを入れる事が出来たら?安全地帯に潜んでいる大物がルアーに食いついてくる。そんな風に思いませんか?

それを可能にしてくれるのがBeams blancsierra5.2ULとなります。

Beams blancsierra5.2ULを持てば誰でもすぐにそんなキャストが出来るようになるとは言いませんが、ティップの曲がりとその反発力を体が覚えてしまえば、簡単に出来るようになります。

その為には練習が必要です。

一番のポイントはテイクバックでしっかりとティップとベリーを曲げてパワーを溜める。溜めたパワーをロスせずにそのままルアーに伝えて解き放つ。

テイクバックでティップとベリーを曲げるには、なるべく手首だけを使ってテイクバックをし、しっかりと手首を止めてあげる事も重要です。

手首を止める事でロッドが曲がってパワーが溜まります。

そして溜まったパワーをテイクバック以上のスイングスピードで押し出したりせずに、そのまま解き放つ。

そうすればルアーが弾丸ライナーで飛んでいく。

後はルアーを撃ち出す時の高さを調整すれば低空でのキャストが可能となります。

動画をじっくりと見て貰えればわかると思いますが、ルアーが私の膝より下から撃ち出されてるのがわかると思います。

このように低い位置からなるべく平行にキャストが出来れば低い弾道のライナーキャストが可能になります。

ある程度キャストが出来るようになったらぜひチャレンジして見てください。

Hokkaido Japan
Bait casting
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:Beams blancsierra5.2UL

Beamsblanc sierra 5.2UL製品ページはこちら

Fishman DVD

Facebook

イベント