オフショアのスロージギングで座布団ヒラメを捕獲した時のお話

みなさんこんにちは!
今回はオフショアのスロージギングで座布団ヒラメを捕獲した時のお話をしたいと思います。

その日の天候は、風強く、波も高く、ハッキリ言って悪天候でした。
『これ本当に出船できるの?』と思うくらいに(笑)

船酔い癖の酷い自分にとっては天候・心身共に最悪のコンディションに、出船10分でダウン。それでもポイントに着くとロッドが振れる体調になるのは釣り人の性なのでしょう。

comodoを握りしめ、1投目。
185gのジグを海底へと送り込む。
『頼むぞ。行ってこい!』
ボトムに着底し、シャクリ始め、すぐヒットするも、定番外道のマトウダイでした。

2投目は何もナシ。
船酔いがぶり返してきた3投目。
若干の目眩が感じつつ、ジグを深場へと送り込んでいく。
水深60m程のボトムにジグが到達。
根掛からないよう、すぐさまリフトする。

そしてシャクること3回目、ボトムからそれほど離れていないところで、ロッドに衝撃が走る!!
雷に撃たれたような感覚とは、こういうことなのでしょう。
『な、なんだ!コレは!?』

今までに感じたことのない異質の重量感。
ドラグはキツく設定していたはずなのにラインは出され、comodoが絞り込まれ、
『ピタッ』
と止まってしまった。

ボトム付近で食って来たため、すぐに張り付かれてしまったのだ。
頭に浮かぶのは敗北の2文字。
悔しさに天を仰ぎ、諦める。
・・・それが普通のロッドなら。
だが今、自分が握ってるロッドはcomodoだ。

こんなヤツに負けるはずがない。
わけのわからない奇声を発しながら、全身全霊でヤツを引き剥がしにかかる。
すると一瞬、ロッドにかかっていたテンションに変化が現れた。
『よっしゃ!剥がれた!』

こうなればこっちのもんである。
ドラグをMAXまで締め、ヤツとの喧嘩をおっぱじめる。
幸い今日は近海ジギング。水深は60m程だ。

バッドコンディションの自分でも充分闘える距離。
久々に味わう大物とのガチンコファイト。
アドレナリンMAX!

正直、魚の引きと重量感で腕は乳酸地獄だが
『俺はコイツを逃したくねぇだけだ!』
その一心でひたすらファイトする。
するとヤツは負けを認め、浮き上がってきた。

『デカい!メーターあるんじゃないか!?』
と叫ぶ船長に取り込んでもらい、ついに捕獲に成功!
長くもあり短くもあった時間が終わりを迎えたその瞬間、緊張から解放されて船酔いが酷くぶり返し、ヘタり込む自分。

帰港してから計測してみると、
95cm、9.6kg。
残念ながらメーター・10kgには届きませんでしたが、堂々の大座布団。
唯一の心残りは魚の大きさ故、船酔いと筋肉痛で弱った体調でブツ持ち写真が撮れなかったことですが、それは次回ショアからこのサイズを捕獲して撮影したいと思います!

Japan Ibaraki
Flat fish
Rod:BRIST comodo 6.10XH
Angler:Takafumi Suzuki


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする