ミノーのタダ巻きで54センチのニジマスをキャッチ!

Fishman先輩テスターの佐藤さん、そしてユーザーのO君にガイドをして頂きました。

ターゲットはニジマスです。

今までブラウントラウトばかり追いかけて来たので正直ニジマスはあまり得意とは言えません。Auxの五日市君と一緒に釣りをした時には先攻させて貰ったにもかかわらず後ろから釣られまくるという・・・

そこで何が違うのかしばらく観察していました。

答えは単純で私はトゥイッチメイン、五日市君はタダ巻きメインでたまにトゥイッチ

ブラウントラウトはトゥイッチを入れまくった方が何とか食わせる事が出来る事が多いのですが、ニジマスはそうとも限らないとこの時に気がつきました。

先に佐藤さんに50センチオーバーのニジマスが釣れたので、こちらもナイスサイズのニジマスを釣りたいと思い、ルアーはアルボル70S TypeⅡの14グラム。

ロッドは川幅がそれなりにあったのでBeamsLOWER 7.3L

大きな淵で対岸までキャストして探り続けるも反応がなかったのですが、淵の始まりで浅くなってる部分にある岩の近くをタダ巻きしてくるといきなりひったくられるようなバイト!

遠征でよくバラすので慎重に引き寄せ、何度も走られながらもBeamsLOWER 7.3Lの柔軟なティップとベリーで受け止めてキャッチしたのは54センチのニジマスでした。

O君、嫁にも魚が釣れて満足が行く釣行となりました。

Hokkaido Japan
Rainbow Trout
Angler:Yoshiyuki Ogawa
BeamsLOWER 7.3L


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする