Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

流れをよく見極め複雑な流れの中にあるヨレを探してランカーシーバス

time 2018/01/17

この日は久しぶりの休日

今日こそ釣り三昧だ!!
ここ最近バタバタで全然釣りができておらず、ようやくがっつり釣りに時間を使える日

今日は釣るぞー!!

が、、、みんなが釣り終えたタイミングで到着…
丁度地合いが終わった時に到着したようで釣れず。。
やばい…激渋や…
ええい!今日は絶対釣る!
てことでもう執念で朝まで粘る事に…

途中3度もずっこけびしょびしょになり、爆風にも悩まされる事6時間…
朝まづめに全てをかけ凍えながらも粘りまくる…
そして薄っすらと朝日が立ち込める時
水面からどうも生命感満ち溢れだした気が!
そして流れをよーく見極め複雑な流れの中にあるヨレを探す…

そして…

見つけた!!ベイトが流されるならあそこしかない!

目の前だ(笑)

今更動くわけにも行かないのでそのままジョインテッドクロー128をアップ気味にキャスト

そのまま流れに仕事をしてもらいほぼほぼ放置
そしてダウンに入った時にテンションをやんわりかけ目の前のヨレへ誘導すると…

ゴン!っと気持ちのいいバイトでHIT

ベンダバールの長いレングスとベイトタックルのクラッチファイトを使いうまく走らせる

そして弱ったところでキャッチ
そしてあっという間に地合い終了

なんとか85センチを含む3本
本日もまた粘り勝ち(笑)

Hiroshima Japan
Seabass
Rod :BRIST vendaval8.9M
Angler :Toshinori Yamasaki

BRIST vendaval 8.9M製品ページはこちら

Fishman DVD

Facebook

イベント