BRISTシリーズに合わせるリール

11825231_498971403601845_7608335543074038361_n

こんにちは、Fishmanテスターの上宮です。
今回は、日ごろからご質問を受ける機会の多い、BRISTシリーズに合わせるリールの事に関して書いてみようと思います。

ただ、リールに関しては使用するフィールドやルアーによって適するリールが変わってくると思います。

あくまでも『わたしの場合は』ということで参考程度にお読みください。

ずばり、カルカッタコンクエスト100または200をおすすめします。

510、89ともにカルコン100でも200でもいけます。

PE2号なら100、3号なら200といった使い分けです。

100は2号が150m、200は3号が150m巻けます。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実はわたしはスコーピオン200を非常にお気に入りで、Beamsシリーズではスコーピオンを愛用しておりました。

ソフトなティップを備え、リリースの瞬間まで粘るBeamsにはピックアップが鋭い34㎜スプールが非常に相性が良かったのです。

BRISTシリーズでも、510LHで軽量ルアーをキャストする際にはスコーピオンがマッチするようですが、MXHやVEVDAVALでは34㎜スプールではピックアップが良すぎて、リリース直後のバックラッシュが発生する傾向があるように感じます。

それは、Beamsよりも張りのあるブランクスにより、BRISTの初速が圧倒的に早い事が原因のようです。

カルコン100のスプール径は36㎜、200は40㎜。

大きな直径のスプールを持つカルコンですが、このスプールにより回転の立ち上がりが非常にマイルドなため、初速が早いBRISTに合わせると、リリース直後のバックラッシュが抑えられます!

アキュラシーもバッチリ出せますし、加えてキャスト中盤から着水までの『伸び』か快感ものです!!

実はこのカルコン、BRIST誕生前から入手してはいたのですが、Beamsシリーズにはマイルドなピックアップが少々物足りなく、出番がなかったのですが、BRISTシリーズのリリースにより完全にメイン使用に定着いたしました。

現在は100HG、200HGのハイギアモデルも追加されてますので、丸型の弱点だった早巻きにも対応できるようになっております。  ううおれも欲しい・・・

まあしかしどうでしょう、このルックス!

少々派手ですが、超カッコよくないですか?!

「結局そこかよ!」と突っ込みの声が聞こえそうですが、カッコいいお気に入りの道具での釣りは気分いいもんですよね!!

11822430_498971413601844_2353351303079185313_n

Tackle Setting
Kagosima Japan
Seabass
Angler:Noriyuki Kanmiya
Rod:BRIST 510MXH
BRIST VENDAVAL 89M


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする