ほんの短い時間ですがメバル釣りをしてきました。


こんにちは、西村です。
たまにしかない冬の新潟、日本海のベタ凪。
ほんの短い時間ですがメバル釣りをしてきました。

スポーニングが終わり、体力回復のために
元気にバイトして入れ食うか?
なんて淡い期待をしたのですが、
現実は厳しい!
直前まで荒れていた日本海で、
凪と澄み潮を好むメバルを釣るのは中々に難しい…

ですが、ここでベイトタックルでの釣りが活きてきます。

活性が低く、ストラクチャーから離れない魚は、
ルアーをあまり追わないけれど、
もしここで、巻いてきたルアーを送り戻して、
ピンポイントへ『推す』ことが出来たら?

魚にしてみれば、口を開けて
『あーん』して待ってるようなもの。
そりゃあ一撃でコロリですよ。

ボトムから生え延びた海藻の束をリトリーブで通過させ、
瞬時にクラッチを切り、押し戻す波にルアーを乗せてやれば、
魚に向かってルアーはバック。
バイトを感じたらスプールを押さえてフッキング。

そんな小技を使いながら、
短くも楽しい凪の夜を楽しんで来ました。

ベイトタックルのメリットは、
タックルのパワーバランスもそうですが、
「ラインの出し入れが指一本で自由自在。」
それをフルに活かせば、
今までただ巻いた、停めた、だけだった釣りに
『押した、送った』が可能になりますよ。

Japan niigata
Sea Perch
Rod: Beams inte79UL
Angler: hitoshi nishimura


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする