シマノ グラップラー300/301HGのインプレ

今回の記事では、comodoユーザーの方で気にされていらっしゃる方も多いと思われる今年モデルのベイトリール『シマノ グラップラー300/301HG』についてのインプレを書きたいと思います。
comodoとのマッチングなど、参考にしてみて下さい。
comodoに合わせるリールの条件は太糸を大量ストックできる事が絶対条件になります。
昨年まで、このクラスの役割はシマノ製品の中ではカルカッタコンクエストの300番台か400番台でした。

しかし、カルカッタコンクエストシリーズはお値段が。。。という方も多かったと思います。
6万円のロッドに5万円のリールとなると、なかなか手が出るものではありません。
今年モデルのグラップラーは実売¥27000前後と比較的リーズナブルな価格設定ながら、肝心のラインストック量はカルコン300でPE4号180mなのに対し、グラップラーはPE4号190mと同等以上のストック量を確保。

スプール直径も同一の43mmなので、重量級ルアーをキャストした時も安定したフィーリングを確保しています。

本体重量もカルコン300と同一の325gながらロープロ設計な為、非常にパーミングもしやすく疲れにくい仕様になっています。

ブレーキシステムには旧SVSを採用してあり、これには僕も西村さんも歓喜しました。
SVSインフィニティは海水域ではブレーキが安定しにくいので、僕と西村さんは以前より旧SVSの復活を熱望していた程でした。

内部構造も海水対策が念入りに施されており、ケチのつけようがない仕上がりです。
巻き上げのパワーも相当なもので、先日のクロアナゴ釣行の際、同船者がフッキング直後にリールを巻けないでいる横でcomodoのバットパワーとグラップラーのパワーにモノを言わせて、涼しい顔でスルスルと巻き上げる事ができました。

キャスティングについては西村がブログで書いているので割愛しますが、このグラップラー、Fishmanで1・2を争うリールオタクな僕と西村が絶対の自信を持ってオススメするcomodoにベストマッチするリールです。
comodoでの釣行が更に楽しくなること間違い無しです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする