ショートバイトを食らっても気にせずにガンガン釣り上がっていく!

札幌のFishmanオフィスでの勤務が始まりました。
興奮・快感・感動をリアルに感じられるギア作りのメンバーの一員となりFishmanの更なる発展に貢献したいと思っていますのでよろしくお願い致します。

さて、札幌に引っ越しをしてきて勤務が始まる直前に地元へ帰ってブラウントラウトを狙って来ました。

渇水からの雨でかなり期待をして行ったのですが、ここにはいるだろうと思うポイントに魚が付いていて反応するものの超ショートバイトで全くノセる事が出来ませんでした(笑)体を翻して反応してるのに食わない個体もいました。

雨で濁っていてやる気があるのにショートバイト・・・もはや口を閉じたまま突いてるだけのように感じます。連日のプレッシャーによってナーバスになっているのか好条件にもかかわらずかなりシビアな状況でした。

そんな時はどうするか?

ショートバイトをノセる為にフックを変えたりミノーサイズを小さくしたりと工夫をする。
というのが妥当な手段かと思いますが・・・

私はショートバイトは諦めるwという方法を選びました。
あいにくの雨で他の人は帰ったのか全くいません。

という事で濁りが入りやる気が出てちゃんと食ってくるブラウントラウトをターゲットに絞って7センチミノーでショートバイトを食らっても気にせずにガンガン釣り上がっていき何とかグッドサイズを釣り上げる事に成功しました(笑)

Hokkaido Japan
Brown trout
Angler:Yoshiyuki Ogawa
Rod:Beams sierra 5.2UL


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする