茨城の渓流についてお話したいと思います

今日は、茨城の渓流についてお話したいと思います。
茨城の渓流は広大なエリアは少なく、ほとんどが小規模な渓流です。
小規模ゆえに人的プレッシャーがかかりやすく、繊細なアプローチを心掛ける必要があります。
中距離~遠距離からの正確なキャストが求められ、尚且つそれを小さいモーションで行わなければなりません。

そのため、茨城の渓流にもBeams シエラはドンピシャにハマります!
自分は特に岩魚が好きなので、源流を目指して何kmもひたすら釣り上がります。
そして、ハードな山歩きで心身共にクタクタになりながらようやく手にする綺麗な渓魚。
堪らない『癒し』ですね!

自然の中に身を置き、狭い川を釣り上がって行くと、最初は聞こえなかった遠くの滝の音、鳥や動物の鳴き声、虫達の羽音が聞こえてくるようになり、五感が研ぎ澄まされるような何とも言えない不思議な感覚になります。

茨城は渓流ルアーをやっているアングラーが少なく、まだまだスレてない魚や、手付かずの場所も多いです。

魚が着いているであろうピンスポットにルアーを入れてやると素直にバイトしてくることが多いので、とても楽しいです♪

そういった手付かずの場所は、全国にまだまだあるはずですので、まだやったことのない方も、今年の夏はぜひ渓流ルアーフィッシングへ行ってみてください。楽しいですよ♪

Japan Ibaraki
Char
Rod. Beams Sierra 5.2UL
Angler. Takafumi Suzuki


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする