ユーザーさんのガイドで利根川シーバス遠征に行ってきました。

AUXの鈴木君の一緒に、利根川水系をホームにしているユーザーさんのガイドで利根川遠征に行ってきました。

事前情報でシブいシブいと良くない話を聞いていたのですが、一度は行ってみたい水系だったので、ホゲを覚悟で利根川釣行を決行する事にしました。

何箇所かポイントを回ったのですが、ボイル1つないポイントか、ボイルは頻発していてもルアーに全く反応してくれないポイントか。。。

ダメな意味で、両極端な状況の利根川水系。
唯一あった反応は、ピックアップ寸前の鈴木君のルアーに反応した目測・余裕でランカーサイズのエラ洗いの1バラシのみで、気づけば潮止まり間近。

最後に訪れたポイントでは、しきりとベイトが追わており、魚は表層付近を意識しているもののルアーへの反応はイマイチ。。。
カーペットのように大量にいるベイトに紛れてしまって、ルアーが全く目立っていないようだったので鉄板バイブのリフト&フォールでネチネチと下のレンジを叩き、ようやくバイトを引き出しました。


上がってきた魚は70cm近いランカーニゴイ。。。
丸々と太ったグッドコンディションな一本でしたし、そもそも魚種専用設計を行っていないFishmanロッドですから、感謝の気持ちを込めて記念にブツ持ち撮影をしておきました。

今回、本命のランカーシーバスには会えませんでしたが、ライトプラグからビッグベイトまで1本のロッドで楽しめるリプラウトは、様々なシチュエーションに対応できるバーサタイルなロッドです。
初めて訪れるフィールドでは、このバーサタイルさが最大の武器になりますよ。

Japan Ibaraki
barbus
Rod:Beams RIPLOUT7.8ML
Angler:Takashi Matsuoka


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする