ヤマメを狙いに山奥の渓へ。

北の大地には上陸することの少ない台風が通過すると、一気に秋の気配が強まります。
この時期は活発に捕食を始める大型のレインボー狙いに行くことが多いんですが、今回はヤマメを狙いに山奥の渓へ。

写真のような、見るからに「イワナの渓」という感じの渓相ですが、住んでいるのはヤマメだけという川でした。
イワナの渓でイワナを狙うなら、何も難しいことはありません。
ピンに撃ちさえすれば、ほぼ一発で食ってきます。

が、相手は警戒心が高まりつつある秋ヤマメ。
きわめて短い距離の中でルアーに狂わせるために、ピン打ちだけではなくルアーの操作性も求められます。

良く曲がるsierra、ルアーアクションはつけにくいのでは?と思ってる方が結構いらっしゃいます。
でも実はそんなことはありません。
シェイキング、トゥイッチ、ジャーク…
「ロッドのどの部分に負荷をかけるか」を意識していただければ、しっかりとアクションを使い分けることが出来ます。

そんなわけで数匹の秋ヤマメを手にすることが出来ました。
が、今日一番の大物は案内してくれた友人のsierraに。
もう一回り大きなサイズを見かけたので、何とかリベンジに行けたらなぁと思ってまいます。

Hokkaido Japan
Cherry Tprout
Angler:Takuo Sato
Rod:Beams sierra 5.2UL

Beams sierra 5.2UL製品ページはこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする