Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

Fishman ロッドで渓流釣りを一緒に楽しみましょう!

time 2020/09/13

Beams blancsierra5.2ULに続きテレスコピックモデルXpan4.3LTS、超ショートロッドBeams blancsierra3.9ULリミテッドなど、Fishmanの渓流ロッドも着々と増えてきています。

3.9

Beams blancsierra3.9ULリミテッド椴木のグリップセクション。
テイストを重んじる、トラウトアングラーの方々にも納得して頂ける美しい仕上がりになっていると思います。
味だけではなく、オリジナルのリールシートを採用することによって、握り心地と操作性が大幅にアップしております。
このグリップは300回コンクリートに落下させてコーティングの厚み(層)が決定しました。
3.9UL

ティップセクションに忍ばせたグラスティップによって、瞬間的なトラウトのバイトをシッカリと乗せてしまうと言う事です。
過去にも世にはグラス素材のティップセクションを採用したモデルも多数存在していますが、極端なファーストテーパーになりがちで、乗せは良いけど投げ辛い物が多かったのも事実。
ですが、曲げてみると全体のバンドカープが滑らかすぎて、何処からグラス素材を仕込んでいるのか解らない程。
キャスト時に軽い力でもシッカリとルアーウエイトをロッド全体が曲がり、気持ちの良いライナー弾道で弾き出してくれるギミックが、この短いブランクスの中に凝縮されています。

5.2UL
5.2UL
Beams blancsierra5.2ULはスローテーパー気味でキャストに特化したイメージのロッドですが、
渓流ロッドとしてはかなりのパワーロッドなので、大きいサイズがきても安心感のあるロッドです。
「俺ってプロアングラーみたいやん…」と恍惚できるキャストを竿が勝手に決めてくれます。

「くっそー、あそこのオーバーハングの下にいれてドリフトさせてぇ…」てな時に威力を発揮してくれます。
竿の反発力のみで低弾道キャストを決めるのです。
これはスピニングでは出来ない芸当だと思います。
そして、そのような他の人が打てない様な場所には、美味しいサイズが潜んでいるのでいい思いができます。
5.2

渓流シーズンももう少しですが、Fishmanロッドで一緒に楽しみましょう!

YouTube FishmanTVではFishmanトラウトのベーシックともいうべき5.2ULのキャスティングシーンをはじめ、お役立ち&愉快な映像てんこ盛りです!

■テクニカル。だから面白い。5.2ULキャスティングムービー

■山岳派必見! テレスコピックモデル4.3LTSで上流域のイワナを狙え

■「Beams Xpan4.3LTS」って、どんな竿なの? 仕舞寸法40㎝のミニマムロッドをTester小笠原が語る!

■西村の面白映像。Beams Xpanで遊んでたら……まさかのビッグフィッシュが!

■イメトレにぴったり。Field Tester西村の源流イワナ遊戯

■美しい渓流映像Tester山田の3.9UL実釣MV

魚とのダイレクトなやりとりが楽しめるのは、ショートロッドならではの魅力。緑の中での爽快な釣りをイメージしながら、お楽しみください♪

関連ページ

Beams blancsierra3.9UL LIMITED製品ページはこちら
Beams blancsierra3.9UL LIMITED関連記事はこちら

関連ページ

Beams blancsierra5.2UL製品ページはこちら
Beams blancsierra5.2UL記事一覧はこちら

関連ページ

Beams Xpan4.3LTS製品ページはこちら
Beams Xpan4.3LTS関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook