Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

AUX木村、波が当たり理想のサラシが広がる一瞬のタイミングを見計らい、サラシへのピンポイントキャスト!

time 2020/11/02

皆さん、こんにちは。AUXの木村です!

今回は憧れが強かった磯の王者ヒラスズキにチャレンジしてきました!!

使用したロッドはBRIST VENDAVAL 10.1M!

足場が高い磯や水面まで距離があるような磯では、足元までバイトチャンスのあるヒラスズキをするにおいてルアーを最後まで引けるロングロッドは欠かせません!
さらに日が上り食いが渋くなってくるタイミングではシャキッとしつつも柔軟なティップがバイトを弾きにくくなり、とれる魚の数が増えます。

さらにヒラスズキをする点においてランディングはかなりの難点になります。
魚を寄せてきて波のタイミングを見計らい、波に乗せ磯の上へとずり上げるようになりますが、
この時思った以上に波が上がらず、魚が宙吊りになってしまい、ヤバイ!となる瞬間が訪れます笑

その時簡単にクラッチが切れるベイトリールだったらどうでしょう?
いち早くそのタイミングに気づき魚をまた海へと戻すことができるベイトタックルはバラしや、
魚が暴れて磯にラインが擦れて切れてしまうリスクを減らすことができます

ヒラスズキを釣るにおいて理想のサラシが広がるまでキャストをせず、
数分待ち構えることもしばしば…そして理想のサラシが広がった瞬間キャスト!

その時を待ち続けたのにも関わらずキャストミスをしてしまうと場をスレさせてしまうだけでなく、
せっかくのチャンスが…とマイナス思考が働き集中力が落ちてしまうことも…

しかしそんなチャンスのタイミングでバシッとピン撃ちが決めることができる!そんな魔法みたいなのがFishmanロッドです!
ヒラスズキ

この日、辺りが明るくなり始めたタイミングでサラシに向けキャスト開始!
岩と岩が突き出て狭くなっていて明らかにベイトを追い込みやすい地形を発見。
そこを通した瞬間、硬く重いバイトが手元に伝わる!

フッキングを入れると同時にきつく閉めたはずのドラグがかなり引き出された思いきや
薄暗い海のサラシの向こうで激しくエラ洗いする魚。

手前にきてからも右へ左へ走り回りながら激しい首振り、エラ洗いを繰り返す。

なんなんだ!この魚!!
ヤバ過ぎる!!!朝一から心臓バクバクファイト笑

そしてついにランディング!

波を利用し磯へとあげるが…やばい…重過ぎる…。

波の上がってくる頂点で魚が止まる…暴れる銀ピカの魚体がすぐそこに!!

急いで取りに行くとルアーが外れた…ヤバイ!!

気がつけば両手で魚を抑えていた。
そしてすぐにボガグリップをかけ安全な場所へ!

おぉ…デカい…やや黒ずんだ背中の盛り上がったその魚体!
荒磯の王者ヒラスズキ
カッコよすぎる!!!
ヒラスズキ

ヒラスズキ

ヒラスズキ

ヒラスズキが釣れるタイミングは比較的海が荒れてることが多いため、波が高すぎる時や1人の時は常に周りの波に気を配り、足元をさらわれないよう気をつけながら、釣りを楽しんでください!!

この日、かけた瞬間からとんでもないパワーでエラ洗いをしながらドラグを引き出していき磯をぐるっと回っていきどうすることもできずバラしてしまった魚をいつか絶対にリベンジしにいきます!

エリア:山陰地方 日本
魚種:ヒラスズキ、シーバス
アングラー: 木村 匠

【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL 10.1M
リール:REVO BEAST ROCKET(アブガルシア)
ライン:Fishman PE2号 プロト
リーダー:シーガーリーダー7号(シーガー)
ルアー:サイレントアサシン99F

関連ページ

BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

Fishman New item

イベント

2020年12月10日~20日 上州屋金沢金石店様 2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月7日 フィッシングショーOSAKA 2021 Web&TV 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook