Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

まさに外洋バーサタイル   〜BRIST VENDABAL10.1M〜

time 2020/11/30

11月の新潟は河川での釣りも終盤になりこれから冬のパターンに移るタイミングの時期。
まだ粘ればまだ川の鱸をとれるものの冬の始まりも逃したくないのでこれからは外洋でのシーバスがターゲットになります。

冬の新潟は全国的にも有名なハタハタのベイトパターンがあります。

ベイトサイズが大きくそれに合わせてルアーも大きくなります。

釣れる魚も重量級でパワフル!タックルも強くなるわけですが、ベイトがハタハタだけとは限らないこともありベイトが小さい場合もあります。

代表的なベイトだとカタクチイワシ!
ハタハタパターンの場合のルアーサイズは120〜160mmクラスに対してカタクチイワシに付いてる個体を狙う場合はルアーサイズは120mm以下。

この広いルアーのサイズを扱うには使用するタックルが限られてくるわけです。

そんな様々なルアーに対応出来るのがVENDABAL10.1M!

10g前後のライトプラグから60g程のビッグベイトまで対応し、
ただ投げられる…ではなく「カッ飛ばせる!」ロッドなんです。

ルアーサイズ、種類を問わないと言えば自ずとターゲットも幅広くなってくることが想像できるかと思います。

まさに「外洋撃ちのバーサタイルロッド」!
また強く太いラインシステムをストレスなく扱えるベイトタックルなら不意の大物も怖くありません。

長尺のベイトロッドってどうなの?と疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、

ちょっとでも気になってるならば勇気を振り絞って(笑)手にとって見て下さい!
長尺ベイトに対する見る目が変わると思います。

【タックルデータ】
ロッド:Fishman BRIST VENDABAL10.1M
リール:カルカッタコンクエスト201HG(SHIMANO)
ライン:FishmanPE プロト 2号
リーダー:ナイロンリーダー 6号(SUNLINE)
Lure: KAGEROU124F(Megabass)
ぶっ飛び君95S(JUMPRIZE)

エリア:新潟 日本
魚種:シーバス
ロッド: BRIST VENDABAL101M
アングラー:松野直人

関連ページ

BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

BRIST VENDABAL101Mを使用したショアロック釣りでのベイトタックルの有効性、ロッドに求められる性能を実釣解説動画。

Fishman New item

イベント

2021年1月22日~24日 釣りフェスティバル 2021 2021年2月7日 フィッシングショーOSAKA 2021 Web&TV 2021年2月16日~18日 インタースタイル2021 in パシフィコ横浜

Facebook