Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

【NEW AUX紹介】木村匠について!

time 2018/11/06

ブリ
皆様初めまして

今月よりAUXとして活動させて頂くことになりました広島県福山市在住の木村匠と申します。現在、大学の関係で、福山市で一人暮らしをしており、シーバスだけでなくトラウトやバス、ライトゲーム、オフショアなど色々な釣りをしています。

まだまだ未熟ではありますがFishmanロッドを使った釣りの楽しさをお届けできたらと思いますのでよろしくお願いします。

今回は山口県の岩国沖へと行ってきました。この時期になるとイワシがこのポイントに溜まり、それを捕食するために様々なフィッシュイーターが集まってきます。

今回のメインターゲットはブリやサワラなどの青物と呼ばれる回遊魚
イワシの大きさは5~15cmとかなりバラバラでメタルジグは30~40gのラスパティーンを使用しました。

ロッドはBRIST VENDAVAL8.9M

ここでの釣り方はジグを早巻きするため、ティップからバットまでに張りがありすぎるとバイトを弾いてしまうことが多い。またロッドは全体が柔らかすぎると魚がなかなか浮いてこず時合を逃してしまう可能性がある。
上記2点の理由から、ティップが入りやすくバットがしっかりしているBRIST VENDAVAL8.9Mを使用しました。

ポイントに着いてまずは魚探でイワシの群れを探します。
時間は15時半
魚探のイワシの反応が徐々に慌ただしくなり始める。
そろそろチャンスタイムかな?と思っていると着底間際でバイト!
上がってきたのはマゴチ!

そして16時過ぎ
ついに時合突入

キャストして着底からシャクリ幅の少ない早めのワンピッチジャークでひったくるようなバイト!
フッキングしてからは青物特有の強烈な走り
上がってきたのはイワシをかなり捕食し丸々としたハマチ

この後同じサイズを連続でキャッチ

同船者も同じパターンでキャッチしてもらうことができました。

フィッシング風景

Yamaguchi Japan
Yellowtail and Flathead 
Rod:BRIST VENDAVAL8.9M
Angler:Takumi Kimura

BRIST vendaval 8.9M製品ページはこちら
BRIST vendaval 8.9M関連記事はこちら

TITAN SQUARE

Fishman DVD

イベント

Facebook