Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

狡猾なデカメバルの微かなアタリを絡めとれ!

time 2020/05/04

皆さんこんにちは、茨城の鈴木です。

近年、私の地元でもだいぶ定着してきたベイトタックルを用いたライトゲーム 。特に、湾内の小型〜中型のメバル狙いにBeams inteがベストマッチ。その楽しさに今や自分もドップリとハマっています♪

では、サイズ狙いのメバリングにはどうなのか? もちろん問題ありません! 良いサイズも釣ってますので、今日はその時のことをお話したいと思います。

この日はさほど風もなく、釣りがしやすい状況だったのですが、メバルの活性もイマイチ。沖目の藻場よりも堤防のキワに着いている感じです。

そこで、足場の高い位置からフローティングミノーをキャストし、表層をゆっくりと引き波を立てて引いてくる釣りを展開。堤防のスレスレにキャストがドンピシャに決まると、ショートバイトがある渋い状況ではあるものの、すぐにアベレージサイズが釣れてボウズではなくなり一安心(笑)。

●スローリーリングに反応したグッドサイズ

まだ釣れそうな雰囲気だったので、ここからは雑なリーリングにならぬよう、さらにゆっくりとルアーを引くことに集中。するとティップが違和感を感じた刹那、ロッドが一気に曲がり込む。デカい! インテをブチ曲げて根に潜り込もうとするヤツを強引に手前まで引き寄せ、高い足場から一気に抜き上げる(こういう時のための太糸セッティングなんです)!!

ほんの短い時間の攻防でしたが有無を言わせぬ速攻でそれを制し、グッドサイズのメバルを釣り上げることができました。

●さまざまなサイズのメバルに対峙できる万能性

Beams inte 7.9ULは繊細なティップがアンダー1gから10gほどのルアーまで扱え、小型〜中型のメバルとも楽しく遊べる……だけじゃないんです。狡猾なデカメバルのショートバイトを絡め取り、延べ竿のように曲がりつつも粘るロッド全体のパワーで、デカいメバルとも渡り合える。そう、ライトゲーム用ベイトロッドの決定版!

太いライン・ロングリーダーが快適に扱えるメリットは、デカいメバルを狙う際に心強い味方となってくれます。皆さんもぜひ、チャレンジしてみて下さい♪

■タックル
ロッド:ビームスインテ7.9UL(フィッシュマン)
リール:アルデバランMGL 30HG(シマノ)
ライン:レジンシェラー0.8号(山豊テグス)
リーダー:フロロショックリーダー8Lb(山豊テグス)
ルアー:月下美人 源五郎Z 36F(DAIWA)
■フィールド/茨城県

関連ページ

Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

Fishman New item

イベント

Facebook