Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

デイゲーム縛りでショア真鯛

time 2021/03/05

こんにちは、島原の島内です。
今回はデイゲーム縛りでショアからの真鯛を狙いに行った時の事を話そうと思います。
 
 
今回釣りに行った日の潮が小潮から長潮にかけてと、潮が1番よく無いタイミングでの釣行でした。
1発でもバイトがあれば幸運だろうと挑みました。
 
まずショアからの真鯛を狙うにあたって、本当はナイトゲームの方が神経質な真鯛がショアラインに差してきやすいので意外とイージーにバイトしてくれます。
ただ、今回はあえて朝6時から夕方4時までのデイゲーム縛りでやってきました。
 
 
この時のベイトは7~9cmくらいのイワシで、ルアーのチョイスも少しシルエットを抑えた10cm未満のルアーをローテーションしながらキャストしてました。
そしてこの時は潮が長潮と言う事で、
・全く動かず
・ベイトとなるイワシがかなり沖に点在している
・まとまりも無く狙い所になるようなとこがない

という悩みだらけ。
 
ですが、目測で100mちょいのところにはイワシが居るのが見えていたので朝からずっとルアーをかっ飛ばしては巻きを、ほぼ休憩無しでやってました。
 
 
約9時間ほどキャストを繰り返してもバイトが無く、心が折れそうになった頃。
潮変わりで満潮からの下げのタイミングになり目でみていて海に雰囲気がでてきた!
「このタイミングしかない!」とタフコンディションの中、1番の集中モードでルアーをキャスト!
巻いてはステイ、巻いてはステイを繰り返しているとズドンとひったくる強烈なバイトに体が無意識に全力のフッキングを入れてました(笑)
 
そこからは真鯛特有のベッドシェイク。
言わゆる3段引きで、ガクン!ガクン!ガクン!と顔を振っているのがロッドを通して伝わり、ファイト中に思わず「真鯛食った!」と叫んでしまいました。
だいぶ沖で食ってきたので真鯛の強烈なファイトをBRIST VENDAVAL10.1Mの粘りあるバットで耐え、所有権を渡す事なく楽しみながら慎重に寄せる。
上がってきたのは見事で綺麗なショアレッドならぬショアピンク!
真鯛
状況が非常にタフってたのでキャッチ出来て心の底からの「よしっ!」が無意識に声にでてました(笑)
 
 
こんな綺麗な魚に出会えたのも、VENDAVAL10.1Mの長距離が投げられ粘りあるバットパワーのおかげです!
真鯛
本当に思い出深い魚に出会えてよかったと思います。
 
感謝をしながらしっかりと蘇生を行い、元気になった所でリリース。


きっとさらに大きくなってまた会える日を信じ帰路に着きました。
 
 
【タックルデータ】
ロッド:BRIST VENDAVAL10.1M
リール:EXSENCE DC XG
ライン:FishmanプロトPE2.5号
リーダー:フロロカーボン40lb
ルアー:ima YOICHI99
 
フィールド:長崎県
魚種:ショア真鯛
アングラー:島内聖隆

関連ページ


BRIST VENDAVAL10.1M製品ページはこちら
BRIST VENDAVAL10.1M関連記事はこちら

イベント

8/21~22 新潟ルアーフェスタ

Facebook