Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

BC48.0MHの携行性の高さによる利点を活かし、未開の爆釣ポイント探し

time 2021/04/16

こんにちは、茨城の鈴木です。
ショートロッド&ハイパワーロッドが主体だったBC4シリーズ。
そんなBC4シリーズに今季は使いやすいロングロッドがリリースされます。
それが今季の新製品 BC4 8.0MH
BC4 8.0MH
最近メインで使っているロッドなのですが、先日もこのロッドで綺麗な魚に出会えましたので記事にしたいと思います(^_^)
 
 

美味しいシチュエーションに遭遇

今回も稚鮎パターンのシーバスを追いかけての釣行。
 
この日はテンポ良くランガンしたいと思い、月明かりを頼りに良い流れを探して散策。
途中、自分の身長よりも高さのある草木を掻き分ける藪漕ぎを強いられるのですが、BC4ならば4分割に畳んでしまえば写真のように非常にコンパクトになるため、藪漕ぎ時のストレスともおさらば♪
藪漕ぎ BC4 8.0MH
4ピースロッドの携行性の高さによるメリットは飛行機・電車・二輪車での運搬以外にこういった場面でも発揮されます(^_^)♪
 
そうこうしていると、おあつらえ向きの良い流れを発見。
間違いなく魚が着く場所。
しかも雨後の増水の影響が未だ残っている。
 
これはもう頂いたも同然でしょう!
 
投げる前から勝利を確信してしまう。
そのくらい美味しいシチュエーションに遭遇しました。ところが…。
 
 

想定外の展開

こういうシチュエーションでは小さいルアーよりも大きいルアーの方が勝負が早いので、ビッグベイトのド定番・ジョインテッドクロー178を選択。 
反転流よりも奥へ撃ち込み、グリグリ巻いてくる。
 
強い流れに差し掛かり、ルアーがバランスを崩してテンションがフッと抜けたのを感じた刹那、狙い通り強烈なバイトが!!
即座にフッキングをかますと、流れに乗って一気に下流まで走ろう抵抗を始める。
 
だが、この手に握られてるロッドは世界中の激流の釣りで鍛え上げられたBC4 8.0MH。
日本の河川のシーバスなど敵ではない…ん!?
チラッと見えた魚体がシーバスとは違ったような?
一瞬にして頭の中が『?』で埋め尽くされたので一気に勝負をかける。
 
すると、まさかのマルタウグイ(^_^;)
マルタウグイ
この季節になると川に上がるんですよね。
いるのはわかっていたけど、まさかビッグベイトにまで果敢にアタックしてくるとは完全に想定外でした(笑)
 
釣り上げた直後は複雑な気分でしたが、よ~く見てみると婚姻色が色濃く出ていて凄く綺麗な魚体。
マルタウグイ
想定外の綺麗な魚に出会えて、なんだかこれはこれで得をした気分になりました(^_^)♪
 
 
今の時代、Google Earthなどを駆使し、家でスマホ片手に釣り場探しをすることが出来ます。
ただ、やはり釣り場には実際に出向いて見なければわからないことも多いのも事実。
パックロッドの携行性の高さを活かし、藪漕ぎによるポイント開拓をすれば未開の爆釣ポイントに辿り着けるかもしれませんよ(^_^)♪
 
BC4 8.0MHは携行性・汎用性が非常に高いロッドなので、そんな開拓の釣りでも頼れるパートナーになってくれます♪
(くれぐれも安全第一で楽しみましょう!)
 
 
【使用タックル】
ロッド:Fishman / BC4 8.0MH
リール:SHIMANO / エクスセンスDCMD
ライン:山豊テグス / レジンシェラー 1.5号
リーダー:山豊テグス / フロロショックリーダー7号
ルアー:GAN CRAFT / ジョインテッドクロー 178F

フィールド:茨城
魚種:マルタウグイ
アングラー:鈴木貴文

関連ページ


BC4 8.0MH製品ページはこちら
BC4 8.0MH関連記事はこちら

イベント

	6/6 トビヌケ植田店様 試投・展示受注会

Facebook