Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

春のイカナゴ祭り…ではなくカタクチ祭り!?

time 2021/04/28

皆さん、こんにちは。AUXの木村です!

この時期になるとイカナゴがかなり見られるようになり、それに着いた良型メバルが釣れるようになるのですが、今年は全くというほどイカナゴの姿を確認することができていません。
しかし、カタクチイワシの小さいものが例年よりもかなり入っているため、それに着いた良型メバルを狙ってみました!
 
 

しっかりとした重量感 現れた量型メバル

表層でアミについたメバルのライズは無視してレンジを入れて探ってみます。
ルアーが動くか動かないかくらいのスピードでルアーを巻いてきます。
 
とびしまエリアは激流地帯のための流れもかなり複雑で、少し違う流れに入ってしまうとあっという間に狙いとは違う場所へと流されてしまいます。
そうなるとすぐに回収して再投入します。
 
 
何度かやっているうちに思っていたコースへとルアーを入れることができたため、レンジキープすることを意識しながら巻いてくると…手元に伝わるバイト!
 
合わせると共に、しっかりとした重量感。
デカいのを想定しているためドラグはキツめに設定しています。
そのため引きが強いと切れてしまう恐れがありますが、Beams inte 7.9ULが魚の引きに追従するようにしなやかに曲がってくれるため、ドラグをキツめに設定していても大丈夫!
 
そうしてキャッチしたのは、体色が黒ずみ鰭先が淡い青色をした良型のメバル!
メバル
メバル
 
 

同パターンでシーバスもヒット

イワシがいるということはもちろん他のフィッシュイーターもいるわけで、同じパターンでシーバスも連続ヒット!
シーバス
シーバス
 
しかしこれがまぁまぁ厄介で、すぐ近くにはルアーを投げ込んでいるところよりもさらに流れの強い本流が走っています。
その中にシーバスが入ってしまうといくらinteといえど止めることはほぼ不可能に近く、本流の走っていく方向はシャローになり岩もゴロゴロしているため、ラインブレイクの可能性も出てきます。
 
そうさせないためにもロッドワークで上手くやりとりし、シーバスが本流へ突っ込もうとするのを防ぎます。
柔軟な竿だからこそできる“いなしながら魚を寄せ、じわりじわりと体力を奪い勝負をつける”
そんなことができるinteは不意の大物でも安心してファイトができます。
 
 
 
これからの季節イカナゴが湧いてくれば、尺メバルのチャンスもあります。
メバル
是非、Beams inte 7.9ULでのプラグゲームに挑戦してみてください!
不意の大物にも余裕を持って対応できますよ!
 
 
【タックルデータ】
ロッド:Beams inte 7.9UL
リール:アルデバランBFS(シマノ)
ライン:FishmanPEライン0.6号プロト
リーダー:シーガープレミアムマックスショックリーダー1.5号(7lb) (シーガー)
ルアー:ローリングベイト48(タックルハウス) 漣(ダイワ)

フィールド:広島
魚種:メバル、シーバス
アングラー:木村匠

関連ページ


Beams inte7.9UL製品ページはこちら
Beams inte7.9UL記事一覧はこちら

イベント

8/21~22 新潟ルアーフェスタ

Facebook