Fishman公式ブログ

ベイトロッドに求めたのは圧倒的なアキュラシーと遠投性能。

 

ルアーマガジンソルト 2021年6月号に、赤塚自らがお届けする海外釣行譚シリーズが掲載

time 2021/04/30

ルアーマガジンソルト 2021年6月号に、赤塚自らがお届けする海外釣行譚シリーズ『WORLD EXPEDITION FISHING!!』の第6回が掲載されています!
WORLD EXPEDITION FISHING!!
今回はアメリカ「ケープコッドのストライパーフィッシング編」Part.2。
前回に引き続き、シーバスプロの村岡昌憲氏と共にストライパーに挑む。
 
 
入り組んだ河口で数本川が合流しているデルタ地帯のシャロ―エリアでランガンしていく。
護岸がほとんどなくウィードが生い茂るフィールドは、ベイトフィッシュがそこかしこにいた。
どこにストライパーがいてもおかしくはないが、海外の釣りはそんなに甘くはない。
 
大型ストライパーのヒットを想定して選んだロッドは、海外釣行にはおなじみBC4シリーズよりBC4 5.10MXH。
短尺なので飛距離を伸ばしにくいという面はあるものの、そもそもの狙いは手前のファーストブレイクを手速く探っていくような展開。
むしろ、ベイトタックルの手返しの良さが活きてくる。
 
 
ルアーマガジンソルト 2021年6月号は、全国釣具店様、書店様にて発売中!
ルアーマガジンソルト 2021年6月号
次回はナイトカヤック編です。こちらもお見逃しなく!

関連ページ


BC4 5.10LH/MXH/XH製品ページはこちら
BC4 5.10LH/MXH/XH関連記事はこちら

イベント

	6/6 トビヌケ植田店様 試投・展示受注会

Facebook