Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

Beams LOWER6.2Lがどハマり!春のビッグベイトメバル!

time 2021/05/20

こんにちは神奈川の小笠原です!

毎年冬場は大型のメバルを狙って磯に通う私ですが、4月になるとパッタリと磯に行かなくなります。
理由は4月になると夜に潮が引かなくなるとかヒラスズキが楽しくなるとかいろいろあるのですが笑
その理由の1つに東京湾でのビッグベイトでのメバルがスタートするからと言うのもあります!
メバル
 
 
4~5月の東京湾はボートメバルがメインとはなりますが、とにかくデカイルアーで釣れる事が最大の魅力になります!
シーバスで言うところの秋のコノシロパターンみたいなものです笑
使用するルアーはエリア10、IGK96、スライ95、フィール120など10センチクラスのルアーのみ!
あくまでもメバルを狙ってこのサイズのルアーを真顔で投げているので、もはやビッグベイトでのメバリングですよね!
ルアーの重量も7~14g程のものが多く、フィッシュマンのメバルロッドのinteシリーズではルアーが重すぎて扱い辛くなってしまいます…
さらにはボートからのキャスティングで岸壁の穴やバンパーといったストラクチャーを正確に打って行く釣りとなるのでロッドに求められる条件は…ボート上での取り回しが良く、シャープなキャストフィールで、メバルが掛かったらしっかりと曲がって粘るロッド!
となるわけですね! 
 
私自身も元々はLOWER7.3Lを使用していたのですが、2年程前からこのLOWER6.2Lのプロトを使用してこのビッグベイトメバルの釣りでテストしてきました!
LOWER7.3Lよりも約30cm程短くなり取り回しが良くなり、シャープさを高めて、それでもLOWERらしくレギュラーテーパーでしっかりと曲がって粘る!
このビッグベイトメバルの釣りにしっかりとハマるロッドに仕上がりました!
 
 
この日もメバルの居場所を探しながらランガンを繰り返しナイスメバルを連発!
メバル
メバル
メバル
パターンは岸壁からちょこっと張り出した部分に正確にピン打ちをする事で、ボートプレッシャーのかからない距離からしっかりと打てればバイトが出る状況でした!
パターンを見つけてから1投1匹ペースで連発!
最後に尺サイズを飛び出して大満足な一晩でした!
 
 
今年発売のLOWER6.2L!
決してオールマイティーなロッドではないと思いますが、狭い空間で3~14g程のルアーをピン打ちしたい!
と言う方にはしっかりとハマるロッドに仕上がっております!
メバル
発売はもう少し先になると思いますが、お近く釣具屋さんなどで見かけたら是非とも触ってみてくださいね!
 
 
【タックルデータ】
ロッド:BeamsLOWER6.2L(Fishman)
リール:スティーズATW G11012SVスプール(daiwa、slp works)
ライン:X braid アップグレードx4 0.6号(YGK)
リーダー:シーガーエース2.5号(クレハ)
ルアー:エリア10(ガイア)
フィールド:神奈川県
魚種:メバル
アングラー:小笠原健太

イベント

次回イベントをお待ちください。

Facebook