Fishman公式ブログ

全国のスタッフ別記事をはじめ、魚種・ロッドごとにカテゴリー分けされた記事を多数掲載しております。ロッドやタックルセッティングにご活用ください。

 

Newロッドで楽しむ初夏のランカーキジハタ

time 2021/06/23

今年も暑い夏がやってきました。
例年この位の季節になると、暖流に乗って産卵の為に接岸する、夏の風物詩・キジハタにそわそわとするものです。
あのガッツン!と来る強烈なバイト、根に潜らんとロッドを絞り込むパワフルなファイト。
毎年、キジハタのランカーサイズを狙って、磯場を飛び回りますが、今年は新発売されるBC4 8.0MHを手に取っています。
4ピースのマルチピースにしてMHのパワー、磯場でのロックフィッシュに丁度良いレングスは、海外への渡航以外でも活躍する性能です。

その日は朝からやや曇り。
朝イチの日照量の変化で活性が上がるキジハタ狙いでは、ゴールデンタイムが長くなるんじゃないか、と期待していました。
潮のタイミングを読んでエントリーし、タックルを準備。
が、普段なら30lbほどで挑むのですが、何となく不安を感じたのです。
今年の一番は、今日かも知れない、と。
岩、牡蠣殻、水中のテーブルロック、こすれればあっさりとラインブレイクするだろう相手に、結んだのは50lbリーダー。
軽めなゼロダンシンカー10gにグラブをセットし、磯から伸びる馬の背の向こう側へキャスト。
MHの癖に、こんな軽いリグも容易に扱えるロッドに仕上がっています。
 
 
ボトムタッチを感じ、根掛かりしないよう即リフト。
そこからカーブフォールでスイムさせながら馬の背の頂点を超え、手前へと長いフォールスイムの途中、それは唐突に、正にドゴン!とひったくるように喰ってきました。
瞬時にフッキングし、バットに荷重して根から引き剥がすべくロッドを立てたのですが、いつもなら余裕で楽しむはずなのに、立てたロッドがガッツリとバットまで曲げられた!
これはでかい!と思った瞬間、ガリガリっ!とラインを岩に擦られる感触。
けど今日はリーダーは太め、まだ余裕!
オラオラぁ!とリフトするが、それでもヤツは狂ったように水底へ突っ込む。
何度めかの根擦れを感じたけど、とうとう磯際まで寄せて、波と共にずり上げたそいつは、今季イチの体長、重量、体高のスーパーサイズ!

写真を撮ろう、と下顎を掴んだ瞬間、その重量が乗った牙が刺さって、痛さで悶絶したのです。
そのタイミングでのシャッターは、今夏の最高の思い出となりました。
 
 
【タックルデータ】
ロッド:BC4 8.0MH(Fishman)
リール:フルレンジPG 73L(テイルウォーク)
ライン:オシアジガーMX4PE 2号(シマノ)
リーダー:フロロ50lb
ルアー:テトラワークスロックグラブ(Duo)
フィールド:新潟県
魚種:キジハタ
アングラー:西村均

【着用アイテム】
帽子:アミュレットフィッシュメッシュサンバイザー (Fishman)
ポーチ:Fishmanカメラポーチ(Fishman)

関連ページ


BC4 8.0MH製品ページはこちら
BC4 8.0MH関連記事はこちら

イベント

2022/01/21-23 釣りフェスティバル2022

Facebook